22日、参考消息網は記事「インドが中国を抜き初めて世界最大の投資受け入れ国に―英メディア」を掲載した。インドの海外直接投資(FDI)設備投資は630億ドル(約7兆400億円)で世界一となった。写真はインド・デリーの警察本部。

写真拡大

2016年4月22日、参考消息網は記事「インドが中国を抜き初めて世界最大の投資受け入れ国に―英メディア」を掲載した。

英紙フィナンシャル・タイムズ旗下の調査部門fDiインテリジェンスによると、インドの海外直接投資(FDI)設備投資は630億ドル(約7兆400億円)で世界一となった。ただしFDIプロジェクト数では8%増加の697件で、中国の789件には達していない。

中国はFDIプロジェクト件数は前年比16%のマイナス、FDI設備投資は23%のマイナスと落ち込んだ。(翻訳・編集/増田聡太郎)