そのお化粧、ちょっとやり過ぎかも(イラスト・サカタルージ)

写真拡大

キレイは、いくつになっても女性の永遠の憧れ。そのために毎日せっせと鏡に向かっているアナタにショックな研究成果が2つある。

1つはメイクをしても「美人度が上がるのはたった2%」、もう1つは、男性はアナタの努力とは裏腹に、限りなくスッピンに近い女性の顔を好むというのだ。

ファッションや姿かたちなど様々な要因の影響

この2つの研究をまとめたのは英バンゴール大学のアレックス・ジョーンズ教授。1つ目は2015年1月、知覚心理学誌「perception」に発表した。

ジョーンズ教授は、女性の化粧が魅力度のアップにどの程度効果を上げているかを調べるため、若い女性約100人に協力してもらった。そして、メイク前(スッピン)の顔をAグループの男性たちに見せ、メイク後の顔を別のBグループの男性たちに見せた。それぞれのグループの男性は、女性たちの顔の美人度を詳細な項目により点数で評価した。

すると、確かにメイク後の美人度はアップしたが、Aグループの評価とBグループの評価は平均して2%しか違わなかったという。ちなみに、この実験で使われた化粧方法は、色をのせるメイクだった。

この結果について、ジョーンズ教授は「現実の世界では、女性の美しさはファッションや姿かたちなど様々な要因の影響を受けています。しかし、それらの要因の中で、メイクによって美しさが向上する幅は非常にわずかだということがわかりました。被験者の男性たちの点数評価を分析すると、女性の美人度の69%が、生来の顔つきに起因しています」と語っている。

男性が好むのは今のアナタのメイクの40%薄め

2つ目の研究は、2014年4月に別の心理学誌に発表したもの。ジョーンズ教授は、どの程度の「メイクの濃さ」がいちばん美しく見えるかを調べるために、コンピューターグラフィックを使った。同じ女性モデルの顔写真を、「スッピン」から女性本人がいつもしている「通常の濃さのメイク」、さらにそれ以上の「厚化粧」にまで少しずつ変化させるのだ。

そして、被験者の男女たちに多くの女性モデルのメイクの変化写真を見せ、どの程度のメイクの濃さがいちばん魅力的に見えるか、点数で評価させた。その結果、男女とも「通常の濃さ」より薄めのメイクを好ましく思う人が多かったが、特に男性の傾向が顕著だった。「ほとんどスッピン状態」から「通常の濃さ」の半分程度までの間に高い評価が集中し、いちばん点数が高かったのは「通常の濃さの40%薄め」のメイクだった。

なるべく薄目のメイクをこころがけた方が好かれるというわけだ。