モラハラ?夫に言われて傷ついた発言3選!

写真拡大

体型や育児、家事についての発言。夫にとっては意識せず、何気なく言った”つもり”の発言でも、妻にとっては大ダメージということも。時には、その”つもり”が命取りになる可能性もあるのです。傷ついた素振りをしても、「ごめんごめん」とたったひと言で済まされ、すっきりしないで終わってしまう。妻を傷つける夫の発言と対策をまとめました。場合によっては、モラルハラスメントになる可能性もあるので、要注意!

●モラハラってなに?

そもそもモラハラとは、モラルハラスメントの略語のこと。わかりやすくいえば、精神的な暴力。人格を否定するような言葉や心ない発言で、相手の心に大きな傷跡を残すことをいいます。言葉だけでなく、職場でひとりだけ無視する、指示に従わないなど、態度でそれを示すことも、モラルハラスメントに含まれるのだとか。

●「お前が家でやっていることなんて誰でも出来るだろ」

家事や育児、人によってはさらに仕事に追われ、忙しい毎日を過ごしているママ。全部を完璧にこなすのは、想像以上に大変なことですよね。しかし、夫からかけられるのは心ない発言…。畳まれていない洗濯物や片付いていないリビングを見て、まるで「自分なら簡単にできる」と言わんばかりの態度をとることもしばしば。

他にも「料理の品数が少ない」「キッチンが汚れている」など、直接的に家事や育児への不満を口にすることも…。このような発言には、カッとなって言い返したり、独りで泣き寝入りをするのではなく、自分ができること、できないことをきちんと夫に説明し、家事をサポートしてくれる家電を購入するなど、対策を練るのが◎。こうして順序立てて、根気強く説明し、家事や育児を軽視している夫にも、理解してもらう努力が必要です。

●「まったく色気を感じない」

結婚をして子どもが産まれると、すべてが子ども優先に。自分の身だしなみにかけられる時間もお金も、ほとんどなくなってしまうもの。いつまでも若々しく、キレイでいられたら、苦労はしませんよね。結婚前よりも年齢を重ね、当時に比べれば、多少見た目が劣るのも仕方のないこと。しかし、自分のビール腹を棚に上げて、見た目の悪口を言ってくる夫も多いのだとか。

また、夫が休みの日に、子どもと遊んで貰っている時間。ママにとっては束の間の休息。たまにはゴロゴロしたって罰は当たりませんが、その姿を見た夫から、「豚みたい」と言われてしまった人もいるそうです。少し難しいかもしれませんが、こうしたことを言われても、気に病まないようにするのが得策。

しかし、急激に体型が変わったなど、自分でも思い当たる節があるのであれば、少しだけ努力してみてもいいかもしれません。少しの努力で、夫が昔のように優しく接してくれるかも?

●「毎日が日曜日でうらやましいよ」

家事と育児は24時間、年中無休。むしろ休みなんてないのに、家にいるというだけで、お休み感覚の夫からのひと言。他にも定番の「誰のおかげで飯が食えると思っているんだ」など、行き過ぎた暴言は完全にアウト! モラルハラスメントはDVの一種ですが、アザや傷跡などの証拠が残らないため、表面化しにくい問題です。毎日のように言われるようであれば、「夫は仕事で疲れているんだから我慢しよう」なんて思わずに、自分のつらいと感じる心を大事にしましょう。誰かに相談すれば、解決に向かうかもしれません。

大きく分けて、「家事・育児」「外見」「暴言」の3パターンに分類できる、夫の傷つく発言。まずは夫にはわかりづらい、ママのストレスを理解して貰うことが大切です。また、反対にあなたが発している言葉で、夫が苦しんでいることもあります。お互いが思いやりをもって、円満に暮らせたらいいですね。

(文・姉崎マリオ/考務店)