写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ビー・エム・ダブリューは18日、新型「MINI クラブマン」のラインアップに、エントリーモデルとなる「MINI ONE クラブマン」および初の4輪駆動モデル「MINI クーパー S クラブマン ALL4」を追加して発売した。

新型「MINI クラブマン」は、従来の「MINI」とは一線を画したまったく新しいモデルとされ、3ドア・5ドアのモデルが属するプレミアム・スモール・コンパクト・セグメントよりひと回り大きいプレミアム・コンパクト・セグメントのユニークなモデルとなっている。

今回、ラインアップに追加された「MINI ONE クラブマン」は、8個のエアバッグ、4輪ディスク・ブレーキなどの安全装備に加え、オートライト、レインセンサー、ヒーテッドドアミラー、USBオーディオインターフェースといった快適装備も標準で採用した。1.5リットルの高効率3気筒ターボエンジンと6速オートマチックトランスミッションにより、燃料消費率は17.2km/リットルを実現している。

「MINI クーパー S クラブマン ALL4」は従来の「MINI クーパー S クラブマン」をベースに4輪駆動としたモデル。MINIの4輪駆動システム「MINI ALL4」はフルタイムで制御が行われるシステムで、ファイナルドライブに直接取り付けられた電子制御油圧式ディファレンシャルにより、前後アクスルの駆動力配分を無段階に制御する。さまざまな状況でMINI特有の俊敏なハンドリングを楽しむことが可能だ。

価格は「MINI ONE クラブマン」が290万円、「MINIクーパー S クラブマン ALL4」が410万円(ともに税込)となっている。

(山津正明)