写真提供:マイナビニュース

写真拡大

メルセデス・ベンツ日本は新型「メルセデス AMG C 63 クーペ」「メルセデス AMG C 63 S クーペ」、期間限定の特別仕様車「メルセデス AMG C 63 S クーペ エディション 1」を発表し、注文受付を開始した。

「メルセデスAMG C 63 クーペ」はボディのドア・ルーフ・トランクを除くほぼすべてのパーツを専用に開発し、メルセデスAMGが独自開発した最新技術により、クラストップの動力性能を備えたリアルスポーツクーペとなる。

4.0リットルのV8直噴ターボエンジンは、砂型鋳造されたクローズドデッキのアルミニウムクランクケースに鍛造アルミニウム製ピストンを組み合わせ、軽量かつ高強度を実現。シリンダーウォールにスチールカーボン材を溶射コーティングする摩擦低減加工を施すことで、フリクションロスを低減した。最高出力は「C 63 クーペ」476PS、「C 63 S クーペ」510PSとなっている。

トランスミッションにはAMGスピードシフトMCTを採用。トルクコンバーターの代わりに湿式多板クラッチを採用し、すばやいシフトチェンジと高い伝達効率を実現した電子制御式7速スポーツトランスミッションで、燃費効率も大幅に改善した。シフトダウン時には自動ブリッピング機能がはたらき、レーススタート機能によってダイナミックな走りも楽しめる。

「C 63 クーペ」に機械式リミテッド・スリップ・デフ、「C 63 S クーペ」に電子制御リミテッド・スリップ・デフも装備し、電子制御ダンピングシステムを採用したスポーツサスペンションも搭載した。このサスペンションはセレクトスイッチまたは専用ボタンにより、「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ・プラス」の3つのモードから減衰特性を選択できる。

特別仕様車の「メルセデスAMG C 63 S クーペ エディション 1」は、19/20インチの鍛造アルミホイールをはじめ、ハイグロスブラック仕上げの専用パーツをフロント/リアバンパー、サイドスカート、ドアミラー、トランクリッドスポイラーリップなどに採用した。インテリアにも同特別仕様車専用のバケットタイプのシートや、グリップ性の高いレザー素材が全周に巻かれたステアリングを装備している。

価格は、「メルセデス AMG C 63 クーペ」が1,246万円、「メルセデス AMG C 63 Sクーペ」が1,358万円で、発売は8月頃を予定している。特別仕様車「メルセデスAMG C 63 S クーペ エディション 1」は7月31日までの期間限定で注文受付を行い、発売は6月頃で、価格は1,445万円(価格はすべて税込)。

(山津正明)