写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ビー・エム・ダブリューは昨年の東京モーターショーでワールドプレミアを果たしたハイ・パフォーマンス・モデル「M4クーペ」の特別限定車「M4 GTS」を限定販売すると発表した。新たにチューンした直列6気筒エンジンは最高出力500PSを発揮する。

「M4 GTS」は、ツーリングカー・レースで輝かしい戦績を残し、長年にわたって高性能スポーツカーのベンチマークとなっている「M3」の生誕30周年を記念して発売される。「M4クーペ」のポテンシャルをさらに高め、BMW Mによるモータースポーツ・テクノロジーを集約したレース仕様のモデルだが、公道も走行できることが大きな特徴となっている。

3.0リットルの直列6気筒ターボエンジンはウォーター・インジェクション・システムを組み合わせ、最高出力が69PSアップの500PS、最大トルクが5.1kgmアップの61.2kgmとなった。0-100km/hはわずか3.8秒(ヨーロッパ仕様車値)で、BMWの量産モデルで最速の加速性能を誇る。ニュルブルクリンク北コースのラップタイムは7分28秒を記録した。

サーキットモデルらしい装備も多数採用しており、エクステリアにはCFRP製の角度調整式リヤウィングやリヤディフューザー、フロントスプリッターといった専用装備を追加。インテリアには専用ロールバー、6点式シート・ベルトを含むクラブスポーツ・パッケージを標準装備している。専用バケットシートはベースモデルより50%もの軽量化を果たしており、他にも随所にCFRPパーツを採用。チタン製マフラーなども採用して軽量化を図り、パワーウエイトレシオは3.2kg/PSを達成した。

「M4 GTS」では、量産車として世界で初めてリヤライトにオーガニックLEDテクノロジーを採用している。点光源の従来のLEDと異なり、オーガニックLEDは平面で均一に発光させることのできるため、光の演出の自由度が高く、より先鋭的なリヤ・ビューとなった。価格は1,950万円(税込)で、世界限定700台のうち30台が日本で販売される。納車は7月からを予定している。

(山津正明)