岡本夏生「生涯ギャラ50億」発言は盛りすぎでは?検証してみた
 TOKYO MX『5時に夢中』の降板、音信不通騒動をへて、4月14日にテレビ引退を表明したタレントの岡本夏生(50歳)。いま彼女の「生涯獲得ギャラ50億円」発言が話題を呼んでいます。でもちょっと待って。岡本夏生が50億円も稼ぐとは、おかしくないですか?

◆メジャーだったのは7年間ほど

 くだんの発言は、4月18日放送『ノンストップ!』(フジテレビ系)のインタビュー取材でのこと。今後の生活について聞かれた岡本は、

「19歳から今日まで生涯獲得ギャランティは恐らく50億円超えていると思うんですよ。50億円で買ったものとか家に全部ありますから、最悪そういうのを売ってもいいかなって」と答えていました。

 スポーツ誌などはそのまま報じ、ネット上では「50億も稼いだらそりゃ引退するわ」など納得コメントが見られましたが、いやそこは納得するところじゃないでしょう。

 確かに90年代の岡本の人気はすごかった。でも1989年にレースクイーンとしてテレビ・雑誌でブレイクしてから、人気が下降して1996年にレギュラー番組ゼロになるまで、メジャーだったのはわずか7年間。2000年代は、ほとんどメディアから消えていました。

 2010年に“ぶっとびキャラ”で復活しましたが、『5時に夢中!』(東京MXテレビ)の週一レギュラーや『サンデージャポン』(TBS)にたまに出るぐらい。MXでの変装は素晴らしかったですが、ギャラは高くないでしょう。

◆元業界人に聞くと…「考えにくいですね」

 逆算すると、仮に50億円のうち30億円を絶頂期の7年で稼いだとしても、毎年4億円以上の収入が必要です。

 ちなみに、2004年まで公示されていた高額納税者から推定すると、2004年は木村拓哉が推定所得2億5500万円、松本人志が推定所得3億33143万円(スポーツ報知の推定)。「所得」は「収入」から経費を引いたものとはいえ、年収4億円はトップクラス芸能人でないと無理なのでは。

 そこで、女子SPA!連載陣のウーマンジャーナリスト・KENJIさん(大手芸能事務所でマネジメント業務を長年務めた経験がある)に、実情を聞いてみました。

「正直、50億は考えにくいですね。私の経験上、超売れっ子の女性アイドルでも年収1億円台でしたから。岡本さんがそうだとは言いませんが、たとえばパトロンからの利益供与を全部現金に換算したら、あり得るかもしれませんが…」。

 KENJIさんによると、タレントの仕事でギャラがいいのは、(1)CM(2)番組司会(3)CD・本のヒットによる印税。1〜2時間で割がいいのは(4)イベント(企業イベントや何かの授賞式に登場など)。岡本夏生の場合、(1)〜(3)は目ぼしいものがありません。

◆ギャラ交渉も自分でやっていた岡本夏生

 ただ、彼女は事務所に所属せずフリーなので、ギャラが全額自分に入るメリットがあったのでは?

「いえ、個人でやっていると、ギャラの設定は低くなってしまいます。事務所の力で仕事を取ったり値段交渉をしてもらえないわけですから。フリーだと仕事依頼の電話・メールを自分で受けたり、営業にも時間を取られて不利ですよね」(KENJIさん)

 数年前に岡本夏生を取材した某雑誌編集者によると、

「取材謝礼2万円で打診したら、ご本人から『3万円で』と言われ、記事の修正で何度も呼び出しがかかりました」。

 値段交渉も自分でやり、記事1本に数時間。やはりフリーの道はシビアなようです。

 総合すると、50億円という数字は勢いで言っちゃったのかな? という印象です。

 でも、お金がある時代に、一軒家とマンション2部屋を購入済みだという岡本夏生。家賃収入で好きな仕事だけ選んで、あの素晴らしい変装を見せ続けてほしいものです。

<TEXT/女子SPA!編集部>