「カフェブランケット パンケーキ」1,280(税抜)(C)Peanuts Worldwide LLC

写真拡大

【スヌーピーミュージアム/女子旅プレス】2016年4月23日(土)、スヌーピーファンの聖地と言われる「シュルツ美術館」の世界初の分館となる「スヌーピーミュージアム」が、東京都・六本木にオープン。今回はミュージアム内の「Cafe Blanket(カフェブランケット)」で味わえるキュートなカフェフード、デザート、ドリンクを一挙紹介。

【さらに写真を見る】「スヌーピーミュージアム」の「Cafe Blanket」全メニューラインナップをチェック、パンケーキやサンドイッチにキャラがいっぱい|

六本木駅から徒歩7分、都心にありながら、アメリカ・カリフォルニア州サンタローザの本家を彷彿とさせる静けさに包まれた「スヌーピーミュージアム」。

2015年10月、目黒川沿いにオープンした「PEANUTS Cafe(ピーナッツカフェ)」がプロデュースする「Cafe Blanket」は、スヌーピーたちが活躍するコミック「ピーナッツ」にちなんだ西海岸テイストたっぷりのメニューを味わえるカフェです。

店内中央に置かれた大きな水色のテーブルを囲む屋内席の向こうに、パラソル付きのオープンデッキを備えた開放的な空間は、西海岸のようにリラックスした空気をそのまま感じさせてくれます。

◆お洒落なサンドイッチをドッグディッシュで味わう


こちらのカフェのおすすめは、各種サンドイッチにミニドッグとポテトを添え、仕上げにスヌーピーの旗を立てた、3種類の「スヌーピーディッシュコンボ」シリーズ。

その中のひとつが、開館に伴いスタートする「愛しのピーナッツ。」展のコラボレーションメニュー「マイフェイバリット ピーナッツ」。ピーナッツバターのサンドイッチがメインです。

そして、シュルツさんの好物ツナサンドをカフェ流のスタイルで提供する「ウォームパピー セレクト」、ペパーミントパティにヒントを得て、自家製のアボカドディップにミントを加えてシュリンプとサンドした「ペパーミント パティ セレクト」、どれもドッグディッシュスタイルのお皿に盛られているのが特徴です。

◆スヌーピーの焼き印が可愛いパンケーキ


全粒粉でふんわり焼き上げた「カフェブランケット パンケーキ」は、サンフランシスコスタイルのミニパンケーキに、ふわふわホイップとたっぷりフルーツをのせた一品。

ピーナッツギャングたちの定番ランチ、PJ サンドをイメージしてトッピングしています。

◆デザート仕立てのスイーツピザ


「Cafe Blanket」では、ピザも普通とはちょっと違う甘いデザート仕立て。「スヌーピー’s フェイバリット」はその名の通りスヌーピーの好物が詰まったスペシャルな一品で、生地にチョコチップクッキー、チョコカスタード、バナナ、マシュマロ&ピーナッツソースをトッピングしています。

おませなサリーをイメージした華やかな色合いがポイントの「サリー’s スナッピー」は、アップルコンポート、イチゴ、はちみつ、グラハムビスケット、クリームチーズがのっていて、スイーツとしてはもちろん、ワインとも好相性。どちらも別添えのソフトクリーム付きです。

このほか「マイ・スウィート・バブー」をはじめとするトッピングたっぷりのドリンクや、「ルーシー’s バブルレモネード」のようなキャラクター名も冠したドリンクも、各フードメニューと一緒にオーダーしたいものばかり。

ミュージアムに来た際は、展示だけでなく食でも「ピーナッツ」の世界観に浸ってみては?(女子旅プレス/modelpress編集部)

■スヌーピーミュージアム


住所:東京都港区六本木5-6-20
東京メトロ六本木駅より徒歩7分、麻布十番駅より徒歩10分
時間:10:00〜20:00(入場は19:30まで)