「原爆投下への謝罪はあってはならない」米保守派の考え方

ざっくり言うと

  • 伊勢志摩サミットの際、オバマ米大統領が広島を訪問するとみられている
  • 原爆投下への謝罪はあってはならないという意見が米保守派では支配的という
  • 早期に終戦させ、犠牲者を減らすための原爆投下という考え方を持っている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング