22日、映画「封神伝奇」の発表イベントが北京市で行われ、アクションスターのジェット・リーが姿を見せた。

写真拡大

2016年4月22日、映画「封神伝奇」の発表イベントが北京市で行われ、アクションスターのジェット・リー(李連杰)が姿を見せた。新浪が伝えた。

【その他の写真】

今年7月公開の「封神伝奇」は、中国の伝奇物語「封神演義」の世界を描くファンタジー映画。ジェット・リーをはじめ、中国の女優ファン・ビンビン(范冰冰)やアンジェラベイビー(楊穎)、俳優ルイス・クー(古天楽)ら豪華キャストが出演している。

近年、出演作の少ないジェット・リーだが、甲状腺機能亢進(こうしん)症との闘病生活を明らかにしている。3年前に激太りが話題になった時は、投薬治療により心臓への負担が大きいため、激しい運動ができないことを語っていた。今回の「封神伝奇」は、14年の米映画「エクスペンダブルズ3」以来、2年ぶりの出演作となっている。

この日はサングラスを外すことのなかったジェット・リーだが、病気による眼球突出を隠すための配慮と思われる。

発表会には「封神伝奇」を制作した中国星グループ会長のチャールズ・ヒョン(向華強)氏、その夫人で芸能界のご意見番としても知られるティファニー・チャン(陳嵐)も出席。ティファニー・チャンがジェットの病状について代弁し、「最近は体調も良く、眼球突出も目立たなくなってきている」と語っている。(翻訳・編集/Mathilda)