いろんな部屋をツッコミ倒す漫画『おしゃ家ソムリエおしゃ子!』がルーミーにお引越し! かっぴーさんインタビュー

写真拡大

『SNSポリス』や『左ききのエレン』などの作品で知られる漫画家かっぴーさんの『おしゃ家ソムリエおしゃ子!』がルーミーに籍を移して連載決定!


『おしゃ家ソムリエおしゃ子!』とは、おしゃれな家に住む男性としか付き合えない“おしゃ家ソムリエ”であるおしゃ子が、彼氏候補の男性宅を訪問して突っ込み倒すという痛快な作品です。

『おしゃ子』がいかにして生まれたのか、またかっぴーさんがどんな方なのか、うかがいました。

160420roomie-min

自分の家に満足している人はほぼいない



──『おしゃ家ソムリエおしゃ子!』が始まった経緯を教えてください

もともとは、Yahoo!不動産様の『おうちマガジン』内ではじまった連載で、不動産にかぎらず、家の中での暮らし全般も扱う漫画を描いて欲しいとうかがい、内容を考えました。

まず「自分の家に満足している人はほぼいないんじゃないかな」と思ったんです。例えば、藤原ヒロシさんのようにお金とセンスが両方揃ってる人でないと、どんなに高収入でも、何かしらの不満があるはずなので。

「デザイナーズでおしゃれだけど狭い」とか「広い部屋だけど駅から遠い」みたいな「だけど」というのが少なからず残る。どこかで妥協しながら部屋は作られる。でも、そういう不満って最初のうちだけで、住んでると忘れちゃうんですよね。

いつも“誰もが思ってたけど誰も言わなかったこと”を言うことで共感してもらえる漫画が描きたいと思っているので、今回も“住んでるうちに忘れていたけど、確かにある小さな不満”をテーマにしています。

160420roomie2-min
『おしゃ家ソムリエおしゃ子!』より

──おしゃ子という強烈なキャラクターはどのように生まれたのでしょうか?

僕は『SNSポリス』というSNSあるあるギャグ漫画を描いていましたが、このテーマに関しては、ツッコミ役がポリスじゃダメだと思いました。

家のことって、住んでる人自身の本質的な部分に関わってくるし、満足できる部屋が作れない理由はお金やセンスによるものだから、とてもセンシティブなんですよね。だから本気で上から突っ込まれるとムカつくかもしれない。

そこで誰が突っ込んだら笑えるかな? と考え、かわいい女の子なら許してもらえるかもと思ったんです。そして結局フラれるのはおしゃ子でもあるという。彼女が一方的に振っているようでもありますが、逆に言えば彼女は誰とも付き合えない。SNSポリスのような、100%の強者ではないんです。

160420roomie3-min

かっぴーさんの自宅、ルーツについて



──かっぴーさんは『おしゃ子』のような作品を描きながらも、ご自宅の取材を受けていたのがすごいと思いましたが、さすがにかっこいい家にお住まいですね。物件はかなり探されましたか?

はい、6〜7件くらい内見しました。というのも、部屋のテイストってほぼ物件次第だと思っている部分があって。どんな物件も活かし方があるけど、たとえばNYのホテルみたいな部屋を作りたいと思っても、畳の部屋では絶対に作れないじゃないですか。だから「こういう部屋にする」という具体的なイメージを持ったうえで物件を探しました。

──「男の部屋のティッシュはカバーをつけずシンプルにスコッティを置け」という旨をおしゃ子が言っていましたが、ご自宅ではティッシュにカバーがつけられていたのも印象的でした。

『おしゃ子』に限らず僕の漫画って、自分でもやっちゃうことを描いてるんですよね。「僕もこうなんです」っていう感じで(笑)

──作り手と作品の主人公ってイコールにされがちですけど、必ずしもそうではないですもんね。

むしろ、作中でディスられる側に僕の要素もたくさん入っていると思います。いつも「こういうところ、おしゃ子に怒られるんだろうな」って思いながら生活しています。

──かっぴーさんはこれまでブランドやカルチャーなど、強く影響を受けてきたものはありますか?

うーん、あまりそういうものがないからこそ、いろんなテーマが描けるのかなと思いますね。スニーカーくらいですかね。100足以上は持っています。

──100足!

僕のすべてのルーツは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』なんですよ。あれでスニーカーを好きになって、アメリカ文化を好きになって、タイムマシーンとかも好きになりましたし。あの映画を観てお話を作る仕事がしたいなと思ったんです。

160420roomie4-min

「○○系」というラクするラベリングは、作り手がしてはいけない



──人のことをすごくよく観察されていますよね。街中とかでも意識されていますか?

こういう漫画を描いていると、会う人会う人にすごく警戒されるんです。「今のマズかった?漫画にされる?」って(笑)。でも、そんな観察してるつもりはないんですよね。

ひとりで考えるのは好きなんです。だから思い出し笑いがすごく多いです。あれウケたなーって。

160420roomie5-min
『おしゃ家ソムリエおしゃ子!』より

──「○○系」のように人をカテゴライズする部分も『おしゃ子』のおもしろさですよね

実は、○○系とかっていうのは僕はあまり好きじゃなくて。草食系とかマイルドヤンキーとか言うのは、少ない情報でバイアスをかけて楽にラベリングできるので、ユーザーにとっては分かりやすいんですけど、作り手はそれをやっちゃいけないと思うんですね。

だからなるべく、マイルドヤンキーならマイルドヤンキーの中でどういう人なのか、ということ描くようにしています。僕の漫画は絵としては必要最低限に描いていますけど、テキストレベルでは「そこまで解像度が細いんだ」というところまで掘り下げていきたいと思っています。

──ありがとうございます。今後どういう部屋やキャラクターが出てくるのか、とても楽しみです。

7月に書籍化も決定している、かっぴーさんによる漫画『おしゃ家ソムリエおしゃ子!』の最新話はこちら!

バックナンバー

第1話〜第4話

第5話