日本を訪れる中国人旅行客が増え続けている。「日本は清潔だった」、「日本人は礼儀正しかった」、「日本は秩序ある社会だった」といった感想は多くの中国人旅行客に共通のものだが、そのほかの印象や感想は千差万別と言える。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本を訪れる中国人旅行客が増え続けている。「日本は清潔だった」、「日本人は礼儀正しかった」、「日本は秩序ある社会だった」といった感想は多くの中国人旅行客に共通のものだが、そのほかの印象や感想は千差万別と言える。

 中国メディアの捜狐はこのほど、日本を訪れた中国人旅行客による手記を掲載。特に日本人の仕事ぶりに着目している同記事は、「日本人はまるで大きな機械の部品のように、それぞれが自分の仕事を徹底して行っていた」と伝えている。

 記事はまず東京都庁を見学した時のエピソードを紹介、警察官による手荷物検査があったと伝えつつ、その検査は「中国よりも簡素だった」と伝えている。中国では日本国内よりも社会問題が多く、物騒な事件も多発しているため、高速鉄道などでも手荷物検査が厳格に実施されているが、日本では社会が安定していることから検査は簡素だったと紹介。

 さらに、警察官が職責を全うしつつも、手荷物検査の際に「ご迷惑をお掛けしました」と述べていたと伝え、中国の警察官からは到底聞くことのできない言葉に衝撃を受けた様子。

 また記事は、筆者が空港で食事を取ろうとした際、時間があまりなかったため、できるだけ速く食事を用意してほしいとレストランのスタッフに頼んだところ、快く請け負ってくれたと紹介。調理も非常にてきぱきとしており、その仕事ぶりはまるで自動車の生産ラインのように手順良く、まるでロボットのようだったと驚きを示した。時間に間に合うよう料理を提供してくれたばかりか、ここでも「お待たせしました」、「ご迷惑をお掛けしました」という言葉があったと、さらに驚いたようだ。

 日本を訪れる中国人観光客が増えるにつれ、中国ネット上で日本旅行記を見かける機会も増えているが、こうした旅行記で日本を批判しているようなものはほとんど見かけない。それだけ日本の印象は良いものだということであり、こうした交流が日中関係の改善につながっていくよう期待したいところだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)