もう帰りたい……! 男性がデートで女性の勝負服にドン引きしたエピソード・4選

写真拡大

デートで着る服は特別ですよね。勝負服ともいいます。でも、服選びに気合が入りすぎて、すべりぎみになるケースも少なからずあるようですね。男性が、女性の勝負服にドン引きした瞬間はどんなときなのか、くわしく聞いてみました。

■色がおかしい……

・「真っ赤。勝負=赤のイメージなのかもしれないが、もう少し上手にファッションに取り入れてほしかった」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「ピンク色。少し夢見がちな印象を受けるから」(29歳/情報・IT/技術職)

・「パステルカラー。TPOに合わない配色」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

色そのものは悪くなくても、組み合わせしだいでいくらでもダサめになってしまうのが怖いですね。また、男性がその女性に対して想像しているイメージに合わない色もあるようです。無難におさえる勇気も必要ですね。

■セクシーが過ぎる!

・「やや行きすぎたシースルー。目のやり場に困る」(38歳/その他/技術職)

・「へそ出しにはやめてくれよ、という気持ちになりました」(36歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「アラサーがホットパンツ……やりすぎだなと思った」(33歳/機械・精密機器/事務系専門職)

こうすれば男性が喜ぶだろうと、セクシー路線をめざした結果ヒドいことに。あまりにセクシーすぎるとどこを見ていいのかわからなくなって、自然なデートはできないかも。また、年齢によってはやりすぎな服装と受け取られてしまうこともあるようですね。

■派手すぎて……

・「居酒屋にドレスで来た子」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「レディー・ガガとかマドンナが着ていそうな派手な服装をされたときに、正直ヒドいと思いました」(26歳/小売店/営業職)

・「ヒョウ柄の上着がダサくて引いた」(29歳/建設・土木/事務系専門職)

勝負服ということで、舞台衣装のような服を着ると大変ですよね。気持ちはわかりますが、派手すぎると悪目立ちします。一緒に歩いている男性のファッションと合わないと浮いてしまいますから、服装のバランスには十分気をつけたいですよね。

■油断しすぎ!

・「破れたジーパンをはいているのはダメだと思う」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

・「毛玉だらけのコートで登場、それ以来会うことはなかった」(34歳/機械・精密機器/営業職)

・「部屋着みたいな感じ。あまり意識されてないのかなと思った」(38歳/情報・IT/技術職)

気合を入れすぎた人もいれば、勝負服なのに気合を入れなさ過ぎてふられてしまった女性も。カジュアルな服はいいのでしょうけれど、基本的なお手入れ不足のある服はデートに着ていかないほうがいいですよね。

■まとめ

勝負服を着て、男女両方が楽しめるのが理想的です。男性もそうですが、女性にファッションに詳しいイメージがあると、勝負服での失敗はちょっとかっこ悪いですよね。セーフ判定が厳しい相手もいるかもしれませんが、今回の意見を参考に、いい勝負服を選んでデートに臨んでくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年3月2日〜4月21日
調査人数:133人(22歳〜38歳の男性)