進化を遂げる「ぶぶカップ」

写真拡大

明星食品は2016年4月4日、「明星 ぶぶか 油そば」を発売した。

東京・吉祥寺の「ラーメン専門店ぶぶか」の看板メニュー「油そば」を再現した汁なしカップめん。明星とぶぶかは度々コラボ商品を発売しているが、「今回は当たり」「今回は好みじゃなかった...」など、登場の度にぶぶかファンやカップめん好きの間で盛り上がっている。今回の商品はどんな評価を得ているのか?

「台湾まぜそば風アレンジ」もイケる

もちもちとした太めんに、焼き豚の旨みが溶け込んだ濃厚なしょう油だれにごま油をブレンドし、ラー油をアクセントにきかせた、ぶぶか店主特製の液体ソース、そして店で人気No.1のトッピング素材・マヨネーズを組み合わせていただく。液体ソースは15年発売の同名商品より増量。たれとオイルのバランスも見直し、濃厚感をアップさせた。

具材には油そばらしい丸型のチャーシュー、メンマ、ナルトを用い、さらにローストガーリックとブラックペッパーの風味をきかせたふりかけで、抜群の食べごたえに仕上がっている。

「ぶぶカップ」との愛称が付くほど、定番として親しまれているシリーズとあって、今回も購入者が相次いでいるようだ。

ツイッターでは、

「ぶぶか油そばカップ麺美味いなぁ 麺モチモチ、ボリュームもある リピ確定だわ」
「くそ旨いな カップ麺no.1です」

など高評価が寄せられる一方、

「麺が即席麺なので、油そば感はない、どちらかというと焼きそば 味は普通、お酢を少し足すと油そばっぽいかな、という感じ」

と「油そば感」には疑問の声も。

「今回のカップぶぶかはジャンク感が抑えられてちょっと高級なお味」

と、過去の商品との味の違いに言及する人もいる。

アレンジレシピとして、

「刻んだニラと卵混ぜて台湾まぜそばっぽくしてたべたらなかなかおいしかった」

との報告もあった。

希望小売価格は218円(税別)。