22日、ロイター通信によると、中国国防省は同日、北朝鮮との国境に中国軍が2000人の部隊を派遣したとの情報を否定した。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年4月22日、ロイター通信によると、中国国防省は同日、北朝鮮との国境に中国軍が2000人の部隊を派遣したとの情報を否定した。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

香港の中国人権民主化運動センターは今週、中国人民解放軍が北朝鮮との国境に2000人の部隊を派遣したと発表し、ロシアやイランのメディアが報じていた。中国国防省は22日、短い声明を発表し、「関連した情報は事実と異なる」として報道された情報を否定し、「中国軍は通常の戦闘即応性と訓練を維持している」と述べた。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「2000人の部隊なら、中国軍にとっては通常の規模だ」

「中国は、言うことを聞かない北朝鮮にとうとうお仕置きする準備を始めたのかな」

「中国が否定しているのなら、報じられた情報は真実だということだ」

「中国は何でもかんでも否定する。彼らの言うことは無視して、彼らの行動に注目すべきだ」

「中国とロシアは私たちを試している。私たちの国のリーダーシップが弱いからだ。弱さは常に戦争につながった」

「中国は北朝鮮の行動は容認できないと伝えようとしている」

「中国は、あの国の小太りの指導者を今すぐ排除すべきだ」

「中国軍は北朝鮮との国境を行進して、北朝鮮の政権を解体させ、北朝鮮は中国の一部になったと宣言すべきだ」(翻訳・編集/蘆田)