【Eggs ’n Things】「エッグスベネディクトの正しい食べ方」って? 中の人にコツを直撃!【写真満載/動画】

写真拡大

Eggs ’n Thingsといえば、天を突き抜けるようなホイップクリームが載ったパンケーキが有名ですが、実はそれ以外のメニューも豊富でおいしいんですよ。

【動画】エッグスベネディクトの正しい食べ方

そんなEggs ’n Thingsで、パンケーキの次に人気のメニューと言えば、エッグスベネディクトです。どんな料理かと言いますと、イングリッシュマフィンの上に肉や野菜などの具材、その上にポーチドエッグが乗り、オランデーズソース(卵の黄身とバター、レモン果汁を使用したソース)がかかったものです。

「おお、食べたことある!」という人も多いでしょう。ボリューム感もあり、朝食としても最適です。

Eggs ’n Thingsでは、この人気メニューであるエッグスベネディクトのラインアップを拡充。全10種類になりました。

エッグスベネディクトは全10種類

全ラインアップは以下のとおりです。

スタンダード(ホウレン草とベーコン)

生ハム

ポルトガルソーセージ

スパム

エビとアボカド

フォアグラとローストビーフ(数量限定)

カナディアンベーコン

カルアポークとキャベツ

スモークサーモンとアボカド

ベジタリアン(ホウレン草、トマトとマッシュルーム)

うーん、どれもおいしそう!

エッグスベネディクトの正しい食べ方とは?

そんなとき、ウレぴあ編集長(女性)がある悩みを告白しました。

「私、エッグスベネディクト大好きなんだけど、うまく食べられないのよね」

どういうことかと問いただすと、ナイフとフォークで食べようとすると、どうしてもポーチドエッグの黄身がお皿いっぱいに広がってしまい見た目がちょっと……、という状態になってしまうそう。

ということで、我々ウレぴあ編集部は、Eggs ’n Thingsの広報の方にお願いし、エッグスベネディクトの正しい食べ方を教えていただくことにいたしました。

今回ご用意していただいたのは、数量限定の「フォアグラとローストビーフ」「スモークサーモンとアボカド」、「カナディアンベーコン」の3種類。基本的にはどれも正しい食べ方は一緒ということ。

さっそく、編集長の食べ方を見ていただきました。

どうです! なかなかワイルドでしょう? でも、割とこうやって食べている方は多いのではないでしょうか。

「フォアグラとロースとビーグ」を試食したのですが、口に入れやすいサイズにするために小さくしようとすると、どうしてもポーチドエッグの黄身が散らばってしまいます。また、マフィンとフォアグラ、ロースとビースが分離してしまい、結局別々に食べるという感じに。これでは、エッグスベネディクトのおいしさを100%味わっているとは言えません。

それでは、Eggs ’n Thingsの女性広報さんによる模範演技をご覧いただきましょう。

どうです、優雅でおいしそうな食べ方ではないでしょうか。

ポイントは

●まず最初にポーチドエッグを割り、黄身を全体に絡ませる
●ポーチドエッグ、具材、マフィンごと全体を4分割する
●スプーンを使って黄身、ソースごとすくい一口で食べる

というところ。なるほど、スプーンを使うのか! 広報さんによると

「エッグスベネディクトの醍醐味は、マフィン、具材、ポーチドエッグの三位一体です。普通に食べると、どうしても具材やマフィンを別々に食べなければならなくなります。しかし、スプーンを使うとすべての具材を一度に口に運びやすくなります」

とのこと。スプーンを使うんですね。これからエッグスベネディクトを食べるときは、フォークとナイフだけでなく、スプーンも用意しましょう。

エッグスベネディクトのお味のほうは?

ちなみに、今回試食した3品のお味は、どれも絶品! 「フォアグラとローストビーフ」は、マフィンの塩加減に、フォアグラのまったりとした食感とローストビーフのお肉! という味、そこにポーチドエッグの黄身とオランデーズソースが絡み合い、お口の中で濃厚な味わいが広がります。

「スモークサーモンとアボカド」は、あっさり目の味わい。女性に人気のメニューというのもうなずけます。しかし、ポーチドエッグとオランデーズソースが絡むことで、ほどよい濃厚さとなり、満足感も得られます。

「カナディアンベーコン」は、個人的にEggs ’n Thingsのなかでも三本の指に入る好きなメニュー。豚のロース部分を使ったベーコンは意外とあっさり目。これがエッグスベネディクトとのバツグンの相性なのです。

エッグスベネディクトは全部で10種類あります。いつか全部制覇してみたいものですね。もちろん、スプーンを使って美しくいただきますよ!

今話題のスーパーフルーツ「ピタヤ」を使ったハワイアンディライト

お腹いっぱいになったところで、ちょっとデザートでもと思っていたら、広報さんが「今、オススメのハワイアンディライトがあるんですよ」ということで、そちらも試食させていただくことに。その名も「ピタヤボウル」です。

こちらは、グラノーラの上にブルーベリー、バナナ、ストロベリー、パイナップル、そしてピタヤのシャーベットが載っている一品です。ピタヤとは別名「ドラゴンフルーツ」。ドラゴンフルーツは、ポリフェノールやカロチン、カルシウム、ビタミンB1・B2・Cなど、多彩な栄養素を含んでおり、現在注目のパワーフルーツです。

こちらのメニュー、朝食としても食べられるほどのボリュームなのですが、とてもおいしい! ピタヤシャーベットももちろんですが、グラノーラが軽い歯ざわりで、どんどん食べられちゃいます。デザートというにはややヘビーかと思ったのですが、かなりいけます。

今回ご紹介したエッグスベネディクトおよびハワイアンディライトは、全国のEggs ’n Thingsで食べられます。朝早く起きて食べに行くと、ハワイでの朝食の雰囲気を楽しめますよ! あ、僕、ハワイ行ったことないんですけどね!!