高級シャンパーニュ「ペリエ ジュエ」のアートな期間限定ポップアップバー

写真拡大 (全3枚)

老舗のシャンパーニュメゾン「ペリエ ジュエ」。アール・ヌーボーの巨匠、エミール・ガレが描いたアネモネのボトルで思い浮かぶ人も多いのでは?

ペリエ ジュエにとって、自然とアートは切っても切れない存在で、1811年の創業以来、最高のシャンパーニュをつくりだすすべての起源となる自然、またそこから生まれるアートに対して敬意をはらってきたのだとか。数多くのアーティストとのコラボレーションもそのひとつ。

そして、より多くの人々にメゾンの信念を体感してもらうために、この春、「Life is Art」というプロジェクトを発足。実際にシャンパーニュと自然、アートを楽しめるものとなっていて、これまでに、東京都庭園美術館内のカフェ・ド・パレにて催された企画展『ガレの庭花々と声なきものたちの言葉』にちなんだポップアップカフェ、アンダーズ東京のルーフ トップ バーで桜と料理のマリアージュを楽しむポップアップガーデンを開催。

今回は第3弾として、ポップアップバーを期間限定でオープン。初夏にぴったりな涼しげなガラスアートとともに、シャンパーニュをいただいて、ラグジュアリーなお出かけを。◆プロジェクトの集大成!期間限定でアートなポップアップバーがオープン


2016年4月23日(土)から5月8日(日)には、先ほど紹介した「Life is Art」の集大成として、東京・青山の「CoSTUME NATIONAL|WALL|Lab」にポップアップバー「L’ Eden by Perier-Jouet(レ デン バイ ペリエ ジュエ) 」を開催。

同ブランドは、世界的に有名なガラス作家で、ヴェネチアを拠点に活動する三嶋りつ惠氏を今年のコラボレーションパートナーとしており、インスタレーション「All’ombra della luce」を観ることができるそう。彼女の作品は、自然のフォルムから発想され、作品をつくる上での追求や自然への敬意は、まさにペリエ ジュエとの哲学と同じ。きっと、美しく独創的な作品に魅入ってしまうはず。

イベントの期間中は、「ペリエ ジュエ バイ ザ グラス」と題して、「Grand Brut(グラン ブリュット)」(1512円)、「Blason Rose(ブラゾン ロゼ)」(2052円)、「Belle Epoque(ベル エポック)」(3672円)をグラスでいただけるそう。アートな余韻にひたりながら、極上の一杯を味わえるなんて、最高に贅沢。

◆多彩なゲストも魅力。シャンパーニュを学べるセミナー&トークセッション


期間中は、セミナーとトークセッション(要予約)が開催されるそう。シャンパーニュの知識や楽しみ方を広げる絶好のチャンス。

5月3日(火)には、「シャンパーニュとアートが出逢うところ」(グラスシャンパーニュ付き、3672円)と題して、7代目最高醸造責任者であるエルヴェ・デシャン氏と、今回展示を行っているガラス作家の三嶋りつ惠氏によるトークセッションが。美しいものをつくる…という共通点のあるシャンパンとアート。ふたりから作品制作に対する思いや秘話を聞くことができそうで楽しみ。

そのほか、日本におけるワイン醸造の歴史を知ることができる「日本ワインは細川家から始まった? そのもてなしの文化と歴史」(グラスシャンパーニュ付き、3672円)や、エルヴェ・デシャン氏直々のテイスティング・セミナー(グラスシャンパーニュ付き、3564円〜)なども。

ゴールデンウイーク期間中開催のものが多いので、シャンパンとともに優雅な休日を過ごしてみて。