22日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトによると、米フロリダ州在住の中国人の女に、無人潜水機の技術を中国に不法に持ち出そうとした疑惑が持たれている。資料写真。

写真拡大

2016年4月22日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトによると、米フロリダ州在住の中国人の女に、無人潜水機の技術を中国に不法に持ち出そうとした疑惑が持たれている。

起訴状によると、女は2002年から2014年2月にかけて技術輸出の業務に従事。今回指摘された技術は中国黒竜江省のハルビン工業大学や中国企業に渡そうとしたとみられており、連邦捜査局(FBI)を含む政府機関がこの件の捜査を進めている。

FBIによると、米国では昨年、経済スパイ案件が急激に増えた。この多くに中国人の関与が認められたという。(翻訳・編集/野谷)