ミッツ・マングローブ

写真拡大

22日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、ミッツ・マングローブが整形を告白するも、共演者に辛らつな評価を下される場面があった。

番組では、「夕刊ベスト8」のコーナーで「夏目三久 カットバンの謎」と題し、日刊ゲンダイの記事を取り上げた。記事によると、夏目アナは21日朝の情報番組に太い黒縁メガネ姿で登場し、その際、右目の上にカットバンが貼ってあると話題になっていたという。インターネット上では整形疑惑もささやかれていたが、夏目アナは数日前からまぶたが腫れていて、病院で手当てを受けたのだと整形疑惑を否定したそう。

この記事について、ゲストのピーコは、記事にはものもらいではないかと書かれていたことに触れ、その場合は傷口が表に出ないと指摘したうえで「特別な理由があったんじゃないの?」と推察した。

すると、ミッツが「レーザーとかした後って、メイクできる絆創膏を渡されるじゃん?」と、整形についての話題に移っていった。そしてミッツは思い出したかのように「言ってなかった?私、去年やったんですよ。目」と唐突に、整形していたことを明かしたのだ。ところが、中尾ミエは即座に「それで!?」と、驚きの声をあげる。スタジオが一瞬静まり返ったが、その後おすぎとピーコをはじめ出演者やスタッフは大ウケ。

さらに、おすぎは「無駄じゃない!」と追い打ちをかけたが、ミッツは「どうしてよ?こんなキレイになったのよ?」と自信満々に訴えていた。

【関連記事】
夏目三久アナ まぶたを腫らしたことで噴出した整形疑惑を完全否定
ミッツ・マングローブ、AKB48・阿部マリアの容姿を批判し打ちのめす
ビートたけし、初監督作を批判したおすぎをバッサリ 「全然映画分かってねえな」