日本ではスーパーや玩具店などで見かける機会の多い「カプセルトイ」だが、中国ではほとんど見られない。その名のとおり、封入されているものも玩具であるカプセルトイはある意味で日本独特の存在と言えよう。(イメージ写真提供:(C)Phurinee Chinakathum/123RF.COM)

写真拡大

 日本ではスーパーや玩具店などで見かける機会の多い「カプセルトイ」だが、中国ではほとんど見られない。その名のとおり、封入されているものも玩具であるカプセルトイはある意味で日本独特の存在と言えよう。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本滞在中にカプセルトイにハマったという中国人旅行客の手記を掲載。カプセルトイで購入したという創意工夫を凝らした玩具の写真を数多く掲載している。

 手記は団体ツアーで訪日したという中国人旅行客によるものだ。ほかのツアー客は電気炊飯器や美顔マスクなどの買い物に夢中だったというが、筆者は「旅の途中からカプセルトイに夢中になった」と伝えている。

 さらに、日本ではいたるところでカプセルトイを楽しむことができたと伝え、封入されている玩具は大半が「メード・イン・チャイナ」だったとしながらも、作りや創意はなかなかのものだったと好意的に紹介。

 中国ではまず見られないカプセルトイだけに、筆者は「日本ならでは」の商品として、お土産に購入したようだが、「もっとたくさん購入しておけばよかった」と綴っており、カプセルトイがかなり気に入ったであろう様子が伝わってきた。

 記事はカプセルトイの写真を数多く掲載しているが、精巧な作りでありながらも中国製であるという点に、中国人ネットユーザーから多くのコメントが寄せられており、「なぜ日本で販売されている中国製品は質が高いのだろうか」といった疑問の声も多く見られた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)Phurinee Chinakathum/123RF.COM)