5月になる前に準備して!美容師厳選の「髪の紫外線ケア」アイテム3つ

写真拡大 (全4枚)

紫外線は季節を問わず1年中降り注いでいます。なかでも非常に多いのは5月〜8月。

肌の紫外線対策はバッチリの方も多いと思いますが、紫外線は髪にも影響を与えてしまうんです。

そこで今回は、美容師の筆者が、紫外線が髪に及ぼす影響とその対策についてご紹介します。

■特に気を付けたいのはUVA

紫外線にはUVAとUVBという種類があります。UVBはサンバーンと言って肌が赤くなるいわゆる日焼けを引き起こします。

もっと気をつけたいのがUVAです。こちらは表面だけでなく肌の中まで影響が及びます。肌老化の8割が紫外線といわれていますが、そのうち90%以上を占めているのがUVA。

UVAは髪の深部まで侵入してくるので、いかにカードすることが大切になります。

■5月から髪が傷みやすくなる

5月からはUVAが多くなり髪が痛む時期のはじまり。実は、髪は肌に比べると、メラニン色素が多いので紫外線には強いんです。

ですが、浴びすぎると髪がもろくなり、乾燥やパサつき枝毛、カラーの退色などの原因となります。

■美容師がオススメする髪の紫外線ケア

残念ながら傷んだ髪は完全には復活しません。だからこそ、普段から紫外線から髪を守ることが大切になります。

オススメなのは、UVケア効果のあるヘアケア剤で髪をコーティングする方法。オイルタイプは保湿力がありますし、最近では手軽にスプレータイプのUVケア効果のあるものも出ているので用途に合わせて使うといいでしょう。

美容師の筆者オススメは次の3つ!

(1)ミルボン エルジューダ サントリートメント エマルジョン 120g 2,800円(税抜き)

ミルボン

(2)ナプラ ミーファ フレグランス UVスプレー 80g 1,200円(税抜き)

ナプラ

(3)モルトベーネ おひさまなかよしUVケアシュー 80g 1,600円(税抜き)モルトベーネ

ヘアケア剤だけでなくUVケア効果のあるシャンプーやトリートメントに切り替えるのも効果的です。

もちろん、帽子をかぶったり、アップにして紫外線が当たる面を少なくしたりするなど、未然の対策で普段から髪をいたわることが大切です。

UVケアをしっかりと行い紫外線に負けない美髪を目指しましょう!

【筆者概略】

小泉順一朗・・・ 美容師。都内美容室勤務を経験後、22歳で『川田美容室』を設立。お客様が楽しくなるサロン作りをコンセプトとしており、HP・ブログ・LINE@などでも日々のケアなどを発信。アフターフォーローにも務めている。

【画像】

※ SunKids / shutterstock