21日、熊本県と大分県で14日から連続した地震が発生して以降、現地の救援状況や物資の到達状況といった情報が国内外で関心を集めている。東京都民は銀座にある熊本県特産品専門店「銀座熊本館」を続々と訪れ、特産品を買うという方法で被災地を支援している。

写真拡大

2016年4月21日、熊本県と大分県で14日から連続した地震が発生して以降、現地の救援状況や物資の到達状況といった情報が国内外で関心を集めている。東京都民は銀座にある熊本県特産品専門店「銀座熊本館」を続々と訪れ、特産品を買うという方法で被災地を支援している。人民網が伝えた。

【その他の写真】

20日午後7時、同館前ではスタッフの指揮の下、約30人ほどの来客が順次館内へと進んでいた。現在同館1階では熊本の新鮮野菜と果物といった特産品が「熊本プラザ」として販売されており、2階にあるゆるキャラ「くまモン」グッズは、地震発生前にあった千種類以上の商品すべてが売り切れとなっていた。

同館は地震発生2日後の16日には営業を再開し、当日の来店客は開店30年来最多となる3000人を上回った。週末の16、17日両日の来店客数は約6100人に達し、地震発生前の週末の約2倍となり、売り上げも過去最高となる600万円近くに上った。館内に設けられた募金箱には18日時点で計約630万円の募金があった。(提供/人民網日本語版・翻訳/MI・編集/藤井)