ケーシー・オトゥール(※写真はバングラディシュオープン)(撮影:GettyImages)

写真拡大

<パナソニックオープン 2日目◇22日◇千葉カントリークラブ梅郷コース(7,130ヤード・パー71)>
 この日の全選手ホールアウト後、リーダーボードが動いた。トータル1オーバーでフィニッシュしたケーシー・オトゥール(米国)が、ホールアウト後に2ペナルティを課されてトータル3オーバーとなったためだ。オトゥールはこのペナルティにより予選落ちとなった。
国内男子ツアーを特選フォトでプレーバック!
 この日INからスタートしたオトゥールは、18番パー5でグリーン右手前のガードバンカーにつかまった。そのホールはパーが記録されたが、ホールアウト後にオトゥールが自ら競技委員に「バンカーでソールが砂に触れたかもしれない」と申し出た。
 「バックスイングをあげた時に何かが顔に落ちた気がする」とソールに付着した砂粒が落ちてきた可能性を指摘するオトゥールに対し、同伴競技者の高山忠洋はペナルティに該当する行為はなかったと説明。しかし、オトゥール自身が納得いかず競技委員、マーカー、高山を伴ってコース内に流れるギャラリー用のVTRを確認した。
 結局ソールが砂に触れたことは確認できなかったが、オトゥールは「可能性がある限り決勝ラウンドをプレーする気にはなれない」と自らペナルティを申し出て、18番ホールには“7”が記された。
 これにより救われたのがトータル2オーバーでホールアウトしていた18名の選手達。当初のカットラインのトータル1オーバーで予選通過60名が決定していたが、オトゥールが抜けることにより61位タイまでの選手が予選通過となった。
 同伴選手も競技委員もペナルティはなかったとしており、裁定を受け入れればオトゥールは決勝ラウンドもプレーすることができた。だが、自身の気持ちに従いゴルファーとしての矜持を貫いた。ペナルティの概要を説明する場にオトゥール本人はいなかったが、25歳の米国人は気持ちのいい空気を会見場に残して大会を去った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>