六本木「スヌーピーミュージアム」探検してきました! 写真で巡る館内一周

写真拡大

2016年4月23日、港区六本木に、いよいよ「スヌーピーミュージアム」がオープンします。

ここは、スヌーピーファンの聖地と言われるシュルツ美術館(米カリフォルニア州サンタローザ)の世界初のサテライト(分館)。ファンなら1度は行きたいですよね。

そんなわけでいち早く館内の様子をお伝えします。

"もふもふの柱"はっけん!!

館内は、大きくわけて、展示スペースと、ミュージアムショップ「BROWN'S STORE」、ピーナッツにちなんだメニューが並ぶ「Cafe Blanket」、3つのエリアにわかれます。

展示スペースは、2018年9月までの約2年半の間、半年ごとに新しいテーマの展覧会を開く予定で、すべての作品を都度ごとに入れ変えるそう。

記念すべきオープン記念展のテーマは「愛しのピーナッツ。」。作者チャールズ M. シュルツ氏の夫人、ジーン・シュルツさんが愛する原画の数々がずらりと並びます。 1点1点歴史が違うピーナッツの漫画が並んでいるのでしっかり観ていると、時間があっという間に過ぎてしまいます。

ここは!という発見もありました。展示スペースを奥に進んでいくと、1本だけ"もふもふの柱"があります。まるでスヌーピーの毛のよう。行ったらチェックしてみて。

ほかにも見どころはたくさん。入ってすぐの広間には、1951年〜75年に描かれた4452枚ものコミックを原画を感じさせる紙にあしらった立体的なアート「3Dピーナッツ」があります。これは、シュルツ美術館にある3588枚ものコミックからなるアート作品「Tile Mural Wall」に呼応する作品。ちょっと遠くから見るのがポイントですよ。

(c) Peanuts Worldwide LLC

こんなにかわいい!限定アイテム写真

さてお待ちかね、ミュージアムショップ「BROWN'S STORE」へ移動です。ここはどこを見てもスヌーピーの愛らしいグッズでいっぱい!  1987年創業のてぬぐい専門店「かまわぬ」の新ブランド「まめぐい」は、スヌーピーのかわいい「細工飴」が入ったまめサイズの風呂敷や、ル・クルーゼのコラボキッチングッズなど、"ここだけ"のアイテムが所せましと並んでいます。

トイメーカー「奇譚クラブ」の思わず大人買いしたくなるガチャガチャもあります。ヴィンテージフォルムの変身スヌーピーをモチーフにしたアイテム。何が出てくるか楽しみですね。

スヌーピーミュージアム限定オリジナルグッズは500点以上だそう。来館するときは、お財布の紐をゆるめて来るのをオススメします!

(c) Peanuts Worldwide LLC

スヌーピーが描かれたパンケーキ♪

きっと混んでいるだろう...。それでも、待っても立ち寄りたいと思うのが、「Cafe Blanket」です。ピーナッツのストーリーやキャラクターにちなんだメニューは、ファンならすべて制覇したいところです。

記者のイチオシは「スヌーピーディッシュコンボ」(1480円※税別)。シュルツさんの好物ツナサンドとともに、ピーナッツバター、フライドポテト、ミニコーンドッグを添えたサンドイッチディッシュ。注目はお皿で、スヌーピー愛用のドッグディッシュのようなつくりなんです。

また、デザートにはスヌーピーが描かれた「カフェブランケット パンケーキ」(1280円※税別)もあります。これも人に見せたくなるフォトジェニックな写真が撮れますよ。

場所は、東京都港区六本木5-6。東京メトロ六本木駅より徒歩7分、麻布十番駅より徒歩10分。

入館料は、<一般>で日時指定前売券が1800円、当日券が2000円。当日券は前売券の販売状況に余裕がある場合にミュージアムで販売。日時指定の前売券は、2月1日からローソンチケットにて抽選販売中です。

詳細は公式サイトから。



(c) Peanuts Worldwide LLC