20日、澎湃新聞によると、熊本県が大地震に見舞われたことを受け、中国の広西チワン族自治区人民政府が熊本県に200万元を寄付することを決めた。写真は熊本。

写真拡大

2016年4月20日、澎湃新聞によると、熊本県が大地震に見舞われたことを受け、中国の広西チワン族自治区人民政府が熊本県に200万元(約3360万円)を寄付することを決めた。

熊本県と広西チワン族自治区は、1982年5月20日に友好都市提携を結んで以来、政治、経済、文化、教育など幅広い分野で交流を行い、相互理解と友好を深めてきた。今回の地震に際して、被災地の早期復興を願って寄付を決めたという。(翻訳・編集/北田)