「お金のない男性」の見分け方とは アラサー女性400人がアドバイス

写真拡大

結婚まで問題なく駒を進めるためにも「パートナーが結婚相手にふさわしいか」は早めに見抜いておきたいですよね。特に婚活では「相手の経済力」を気にする人も多いのでは? そこでアラサー女性たちに「お金がない男性の見分け方」について聞いてみました。

■「会計の仕方」でわかる?

・「財布を出すまで時間がかかる。こちらの顔色をうかがう」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「食事の会計のときに、私が割り勘でと言ったらすんなり受け入れられたこと」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「スーパーで買った500ccペットボトル2本のジュース代を割り勘にされたとき」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

どんな金銭感覚の持ち主か、はたまた経済力がどの位かを知る目安となるのが「会計の仕方」。中には「経済力があって、ただケチなだけ」の人もいるかもしれませんが、細かいお金まで割り勘にしてくると「怪しい……」と疑いの目で見てしまいます。

■身なりに経済力はあらわれる?

・「シャツの襟元や袖口が汚れたままなのを見たとき。クリーニングに出せるお金だけでなく、精神的な余裕もないのだと思ってしまう」(31歳/学校・教育関連/クリエイティブ職)

・「携帯電話が止まる。服装がいつも同じ」(29歳/金融・証券/その他)

・「服装やアクセサリーなど、身につけているものにお金をかけていると、逆にお金なく感じる」(31歳/生保・損保/営業職)

心の余裕は見た目にもあらわれてしまうもの。身なりに気遣いを感じられなかったり、逆に金銭感覚を疑うような派手な服装をしていたりすると相手の「精神的な余裕」を感じにくいですよね。心の余裕がなさそうな人には、金銭的な余裕も感じにくい?

■お金がかかわると動きが怪しくなる

・「支払いのときになって、財布を見て、『あ、金下ろすの忘れてた』と言う」(29歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「やたらとコンビニでお金を下ろしてたり、その下ろす金額が数千円ずつだったとき、『あー、カツカツなのかな』って思います」(27歳/その他/販売職・サービス系)

それまでは楽しく2人で過ごしていたのに、いざ会計、いざ出掛ける段階となると途端に怪しい動きを見せ始める男性……。こんなときは相手の経済力を疑ってしまいやすいですよね。「相手の経済力がどの位か」は早めに探っておいたほうがいいかもしれません。

■もらい癖がある

・「もらいタバコばっかりしている後輩。上司や会社が出してくれるときはここぞとばかりに注文する人」(31歳/建設・土木/技術職)

・「会社でもらったお歳暮とかお中元とかをやたら持って帰る人」(33歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

こちらから「どうぞ」とも何とも言っていないのに、何かともらいにくる人も経済的な苦しさを感じやすいですよね。単なるケチなのかもしれませんが……。無料のものに飛びつきすぎる人は怪しく見えやすい!?

■まとめ

結婚相手にふさわしいかどうか早めに見抜く意味でも、相手の経済面がどの位かは早めに知っておきたいもの。相手の金銭的な余裕を知りたいなら、ぜひ上記アラサー女性たちの意見を参考にしてみては? もしかしたら「男を見る目」も養えるかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数428件(25歳〜34歳の働く女性)。