「1人称視点」で楽しむドローンレース、興奮の生中継

写真拡大

スポーツチャンネル大手のESPNが、ドローンレースの放送で国際ドローンレース協会(IDRA)と提携。ドローンからの「1人称視点」の映像をストリーミングするという。

Watch this on The Scene.「「1人称視点」で楽しむドローンレース、興奮の生中継」の写真・リンク付きの記事はこちら

米国のスポーツ専門チャンネルESPNは4月13日(米国時間)、ドローンレースのオンラインストリーミングと、テレビの編集番組でのレース映像の利用に関して、国際ドローンレース協会(IDRA)と提携したと発表した

契約は複数年続き、最初の放送は、IDRAが今年8月にニューヨーク市で開催する「全米ドローンレーシング・チャンピオンシップ」(US National Drone Racing Championships)。3日間のイヴェントをESPN3でストリーミング中継するほか、映像を編集した1時間の特別番組をESPNのテレビネットワークで放送する予定だ。

IDRAとESPNは共同プレスリリースで、「ロウアー・マンハッタンと自由の女神の驚くべきショットをお届けする」と述べており、レースドローンからの1人称視点の映像をストリーミングすることを明かしている。1人称視点のドローンレースでは、操縦者はゴーグルを装着し、ドローン前面に搭載されたカメラからの映像を見ながら操縦する。

ESPNはまた、10月にハワイで開催される2016年の世界ドローンレースチャンピオンシップの放送も予定している。

プレスリリースではこう続けられている。「ドローンレースはいま、空前の人気を獲得しつつある。NASCARとF1に並ぶ、次世代の巨大レーススポーツになることを目指している」