©2016 Disney. All Rights Reserved.

写真拡大

世界中で大ヒットを記録し、ディズニー史上最高傑作の声もある『ズートピア』(2016年4月23日公開)。

【動画】うさぎのジュディが大活躍する『ズートピア』本編予告編はこちら!

「多くを語る必要はなく、ただ、期待して観に行って、満足して映画館を出ればいい」

と絶賛する「ウレぴあ総研」ディズニー特集ディレクターが、主観的にレビューします。

期待して観に行って、満足して映画館を出ればいい、というだけのシンプルな話でしかない

ディズニー映画『ズートピア』の見どころの列挙は、誰でも、簡単にできる。

なにしろ、2016年最高の映画の一つであり、ディズニーアニメーション史上の、最高傑作の一つだからだ。

よく作り込まれていて、示唆にも富んでいる。

人間社会の縮図だの、無意識の偏見を描いただの、他メディアがたくさん書いているし、ディズニーもプロモーションしている。

でも、そんな “見どころ” など、これから映画を観る(かもしれない)人たちにとって、大した意味はないように感じる。

「ジュディやニックが可愛いから、観に行きたい」

で、充分だ。

ひとたび映画が始まれば、あっという間に世界観に引き込まれ、笑い、感動し、これ以上ないというほど満ち足りたエンディングを迎える。

ただ、期待して観に行って、満足して映画館を出ればいい、という、極めてシンプルな話でしかない。

だから、『ズートピア』の内容や、見どころの紹介はやめておき、個人的に強く印象に残っている、以下3つの要素についてだけ、どこまでも主観的に書きたい。

『ズートピア』の世界は、ディズニーのテーマパーク並に作り込まれていた 実写ではなく、アニメーションだからこそ描ける理想郷 「ありのままで」の次のステージへ

1.『ズートピア』の世界は、ディズニーのテーマパーク並に作り込まれていた

『ズートピア』は、原作のない、オリジナル映画だ。

キャラクターはもちろん、世界の細部に至るまで、何もないところから、作り上げなくてはいけない。

命は、細部に宿る。

どんなに見た目の素敵な世界を作り上げても、そこに人々(動物たち)が暮らしている実感がなければ、ニセモノでしかない。

たとえばディズニー・ピクサー最新『アーロと少年』の、雄大な自然の描写は、3DCGの常識を打ち破る、圧倒的な美しさがある。

実写だと言われても、まったく疑う余地がないほどだ。

だが、“作りもの” っぽい。もっと過激に、嘘くさい、と言ってしまってもいい。

『アーロと少年』の世界には、アーロたち “しか” いない。

一方、『ズートピア』の世界には、社会がある、とはっきり実感する。

歴史があり、文化があり、人間関係があり、あらゆる建造物や構造物からは、必然性や意図が感じられる。

もちろん、人間社会のコピーではなく、『ズートピア』の世界だけのオリジナル社会だ。

私は、『ズートピア』を観ながら、東京ディズニーランドや、東京ディズニーシーにいるときと、とても似た感覚を抱いていた。

床のシミ一つにまで意味がある、と言われるほど、ディズニーパークは徹底的に作り込まれ、唯一無二の世界観を構築している。

『ズートピア』の世界には、一瞬にして引き込まれる。ワクワクするし、安心して浸っていられる。

2. 実写ではなく、アニメーションだからこそ描ける理想郷

アニメーションのメリットの一つは、誰も目にした経験がない世界を、イマジネーションによって作り上げ、具体的に提示できる点だ。

さらに、現実にはありえない理想の世界を、私たちに、違和感なく受け入れさせる効能もある。

『ズートピア』は、動物を擬人化して、人間社会を風刺する程度の映画ではない。

風刺を越えて、理想の世界を、私たちに見せてくれる。

もし『ズートピア』が、人間社会の話で、実写映画だったら、あまりのご都合主義に、鼻白むかもしれない。

けれども、『ズートピア』は、もともと、“誰もが、何にでもなれる” 理想郷だ。

現実にはありえない理想郷で、理想の物語を描いたところで、なにもおかしいところはない。

主題歌「トライ・エヴリシング」を聴いて、あまりに直接的にポジティブすぎる歌詞に、違和感を持った人も、多いはずだ。

理想の世界の、空想の歌手の歌だから、現実世界の延長で考えてしまう私たちには、違和感しかない。

けれども、『ズートピア』を鑑賞すると、「トライ・エヴリシング」の本来の意図がわかる。

歌い手(映画に登場する)の意志・思いが乗り、泣ける歌に変貌する。

3.「ありのままで」の次のステージへ

『アナと雪の女王』の大ヒットで、ディズニーからの現代人へのメッセージ「ありのままで」が注目された。

エルサの魔法は、「押さえ込まなければ」「ひた隠しにしなければ」と思い詰めた結果として、暴走した。

魔法をコントロールできるようになったのは、魔法(特質)を、欠点ではなく、長所あるいは個性として、受け入れられて以降だ。

コンプレックスは、人間ならば誰しもが持つ。『アナと雪の女王』は、記録的な大ヒットとなり、世界中の人々に絶賛された。

以降、ディズニー映画は、実写も、アニメーションも、“自己肯定感” が、大きなキーワードになっている。

実写『シンデレラ』は、自己肯定感の強い女性が、苦境に負けず、正しい道を、自らの手で掴み取る物語だった。

『ベイマックス』は、兄の死を受け入れ、自己を確立する、若者の物語だった。

今作『ズートピア』は、自分自身を受け入れる、というテーマから、さらに歩みを進めている。

メッセージは、

「自分は自分。けれども、どんな自分になるかは、自分で決められる」

というものだ。

極めて個人的な話で申し訳ないけれども、学生時代を思い出した。

当時、若者らしく、社会との折り合いの付け方を見つけられず、迷っていた私は、「“隠された真実” など幻想で存在しない」という教授の言葉に、目から鱗が落ちた。

「実存主義」についての講義だった。

たとえば、小学生の母親が「この子は、本当はやれば勉強ができるんですよ」と言ったとき、この小学生は、勉強ができる子なのだろうか、それともできない子なのだろうか。

母親としては、我が子を信じるのは、素敵なことだ。

けれども、社会では、存在しないものを、ありがたがってくれることはない。

実際に、どう考え、どう行動し、何を成し遂げたかがすべて。

勉強ができるという評価を得たければ、よい成績を取る以外に、方法はない。

一見、厳しいように思えるかもしれないけれど、実際には、希望に満ち溢れた考え方だ。

なぜなら、「何を成し遂げたかがすべて」であれば、どんなに頑張ったところで自分はダメな人間だ、などと考える必要は一切ない。

自分の評価を決めるのは、存在しない “本質” などではない。

未来の自分は、自分自身で決めて、行動し、いくらでも創っていけるからだ。

ジュディもニックも、それぞれ悩み、迷い、間違いを犯す。

どん底から、どう考え、どう行動し、何を成し遂げるのか。

そして、どのような自分になろうと志すのか。

見届けるには、映画館へ足を運ぶのが一番だ。

■ディズニー映画『ズートピア』

2016年4月23日(日)全国公開