写真提供:マイナビニュース

写真拡大

STマイクロエレクトロニクス(ST)は4月22日、工場自動化システムの回路を保護する2種類の高速デジタル入力電流リミッタIC「SCLT3-8BQ7」および「CLT01-38SQ7」を発表した。

両製品は、産業用のプログラマブルロジックコントローラ(PLC)を入力信号の電流スパイクから迅速かつ堅牢に保護すると同時に、消費電力、基板面積および部品コストの低減を実現するもの。いずれも超小型パッケージ(QFN-48L、7x7mm)で提供され、周辺温度が100℃以上になった場合に電力損失を最適化する大型の露出サーマル・パッドを採用している。高速の入出力は、クラス最高のPLC要件に準拠。CLT01-38SQ7は、IEC 61000-4.2、IEC61000-4.4、IEC6100-4.5などのEMC規格に準拠する堅牢性を備えている。

両製品とも現在量産中で、1000個購入時の単価は約0.90ドル。SCLT3-8BQ7用評価ボード「STEVAL-IFP030V1」、CLT01-38SQ7用評価ボード「X-NUCLEO-PLC01A1」も提供中となっている。

(周藤瞳美)