鈴木明子が語る2015−2016シーズン総括@女子編

 グランプリファイナル銀メダリストの宮原知子が5位、復帰した浅田真央が7位、2回目の出場となった本郷理華が8位――。2015−2016シーズン、日本女子勢は世界選手権で11年ぶりにメダルを逃した。各選手のスケートから見えた収穫と課題を、プロフィギュアスケーターの鈴木明子さんに聞いた。

―― 今シーズンの終了後にうれしいニュースが飛び込んできました。浅田選手が2018年の平昌オリンピックを目指すことを宣言しました。

鈴木明子(以下:鈴木):この1年間、「自分のスケートは何なのか」と考え、やっとその答えが見えてきたのではないかと思います。「オリンピックという最高の舞台に立ちたい。それが私の最終目標」と口にしたのは、「自分のスケート」の形が見えたから。「順位や点数を超えたものを表現できる」という手応えを掴んだうえで、「勝利を狙える」と感じたのではないでしょうか。

―― 完全復活が期待された世界選手権。浅田選手はショートプログラムで9位でしたが、フリーで巻き返して200点超え(200.30)で7位に入りました。久しぶりに「らしさ」が光る演技でした。

鈴木:この大会で、これまでとは違う喜びを得たように思います。結果は満足できるものではなかったでしょうが、フリー後の表情が「心のなか」を表していました。彼女はずっと完璧を目指すストイックな選手でしたが、少し変化が見られます。体調に不安があるなかで、「やるべきことはやれた!」という思いが伝わってきました。

 自分で自分に期待しすぎて、結果が出ずにもがき苦しんだシーズンでした。「復帰しないほうがよかったと思ったこともあった」と言っていましたが、これからが本当のスタートです。

―― 前回の世界選手権で銀メダルに輝いた宮原選手が5位、前回6位の本郷選手は8位に終わりました。日本人女子が世界選手権でメダルを逃したのは11年ぶりのことです。

鈴木:今回の世界選手権は技術的にも、表現の部分でも素晴らしかった。特に優勝した16歳のエフゲニア・メドベデワ選手(ロシア)は技術が高く、ソチ五輪後の新ルールにマッチした演技構成で臨んでいました。「どうすれば点数が獲れるのか」を熟知していて、ジャンプのあとのつなぎの部分でも緻密な演技を見せて、得点を加えました。彼女の演技がロシア勢の強さを表しています。

―― 日本人選手はそれぞれに持ち味を発揮しながらも、表彰台には届きませんでした。

鈴木:宮原選手は5位に終わりましたが、シーズンを通して安定した演技をしました。少しずつステップを上がっています。内容的には、本人も満足しているのではないでしょうか。ただ、パーフェクトな演技をしても表彰台に上がれない、という現実があります。大事なのは、「この大会で何を感じたか」です。持ち味である「正確でミスのない演技」に何をプラスするか......。ジャンプをもっと大きくするのか、「訴える力」を身につけるのか。どちらも難しい課題ですが、今シーズンの経験が宮原選手を強くしたことは間違いありません。

 一方、会場の温かい雰囲気に助けられたのが本郷選手です。これまでは勢いで滑っているところがありましたが、「お客さんが乗ってくれると楽しい!」と気づいたようです。彼女にこんなに「引き込む力」があるとは知らなかったので、驚きました。

―― 日本人選手には今後、より高いレベルの演技が求められます。しかし世界選手権では、「最高の演技をしても勝てない」という現実に直面しました。2016−2017シーズン以降、日本人選手はどう戦えばいいのでしょうか。

鈴木:今回の世界選手権で銀メダルを獲得したアシュリー・ワグナー選手(アメリカ)は本当に素晴らしかった。自国開催で最終滑走というプレッシャーのなかで、あれだけの演技を見せたのはすごい。24歳になり、スケーティングと表現力にますます磨きがかかってきました。

 彼女が今回初めてメダルを獲得したことは、日本人選手の励みにもなるのではないでしょうか。高難度の技に、「魅せるスケート」をうまく組み合わせることができれば、ロシア勢にも対抗できるはずです。若さと勢いではロシア勢が突出していますが、スケートの深み――挫折を含めた人生経験を表現することで、チャンスは生まれると思います。

―― 来シーズン、日本人選手が取り組むべき課題は何でしょうか。

鈴木:高難度の技を自分のモノにして、その精度を高めること。スケーティングを含めた表現力を上げること。簡単なことではありませんが、その両方をしないと世界では勝てません。宮原選手だけでなく、全員の課題です。

―― ジュニア世界選手権で優勝を飾った本田真凛選手、銅メダルを獲得した樋口新葉選手など、2年後が期待できる若手も育ってきています。

鈴木:本田選手には天性の華やかさと、観る者を惹きつける力があります。あの若さで「魅せること」を自覚しています。樋口選手もそうですが、若い選手にはそれぞれに個性があり、勝つための戦略を持っています。平昌まで2年足らず、彼女たちの成長をしっかりと見守っていきます。


【profile】
鈴木明子(すずき・あきこ)
1985年3月28日生まれ、愛知県豊橋市出身。6歳からスケートを始め、15歳で全日本選手権4位に入賞し注目を集める。10代後半に体調を崩し大会に出られない時期もあったが、2004年に復帰。2010年バンクーバーオリンピック代表の座を獲得し、8位に入賞した。2012年世界選手権銅メダル。2013−2014シーズンの全日本選手権では、会心の演技で13回目の出場にして初優勝。2014年ソチオリンピックでは、同大会から正式種目となった団体戦に日本のキャプテンとして出場し5位入賞、個人戦では8位入賞を果たす。2014年の世界選手権出場を最後に、競技生活からの現役引退を発表した。引退後はプロフィギュアスケーター、振付師、解説者として活動の幅をさらに広げている。2015年12月、選手たちの心理戦から演技の舞台裏を描いた『プロのフィギュア観戦術』(PHP新書)を上梓した。

元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro