リバプールに打撃、ダービーで負傷した好調オリジが今季終了へ

写真拡大

▽リバプールに所属するベルギー代表FWディヴォック・オリジは、エバートンとのマージーサイド・ダービーで負った負傷により今シーズンの復帰が絶望となる模様だ。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。

▽オリジは、20日に行われたプレミアリーグ第27節延期分のエバートン戦に先発出場。前半の43分に先制点を記録し、4-0の快勝に貢献した。しかし後半の49分、エバートンのアルゼンチン代表DFラミロ・フネス・モリに右足首を踏み付けられ、そのまま担架に運ばれて負傷交代となっていた。

▽『リバプール・エコー』によれば、オリジは22日に2回目の検査を受けた結果、右足首のじん帯を損傷したことが判明したとのこと。具体的な復帰時期は明らかになっていないが、今シーズンの復帰が絶望的となる模様だ。また、ベルギー代表として参加するユーロ2016の出場も微妙な状況となった。

▽オリジは今シーズン、ここまで公式戦24試合に出場して10ゴールを記録。とりわけ、最近の公式戦5試合では5ゴールをマークし、好調を維持していた。リバプールは今後、ヨーロッパリーグ準決勝のビジャレアル戦など重要な一戦が控えている。