2位ウコンより効果大?「みんながやってる二日酔い対策」1位と医師が薦める対処法

写真拡大

歓送迎会やお花見など、春はお酒を飲む機会が多いですよね。そのたびに二日酔いになって、「もう、朝起きるのがつらい……」と感じている人もいるのでは?

そこで今回は湘南貿易が行った「二日酔いにならないためにしてること」に関するアンケートの結果を基に、みんながどういった二日酔い対策をしているのかについてまとめてみました。

併せて国立医学図書館(米国)などのお勧めする二日酔い対策なども紹介します。4月もまだ中旬、頑張ってGWまで乗り切るために、ぜひともチェックしてみてくださいね!

 

■1:みんなやってる二日酔い対策1位は?

同アンケートは、20代〜30代の男女100人に聞きました。世の人々は、二日酔いにならないためにしている対策は何なのでしょうか? 早速結果をみていきましょう。

1位・・・空腹で飲まない(27%)

2位・・・ウコンを飲む(21%)

3位・・・ノンアルコール飲料で雰囲気を楽しむ(19%)

4位・・・就寝前に必ず水を飲む(13%)

5位・・・ちゃんぽんをしない(10%)

皆さんそれぞれに工夫をしているようです。

では、なぜその方法を選んだのか理由を聞いてみると、

「空腹でお酒を飲むとすぐに酔うし、翌日、確実に二日酔いになるので、できるだけ空腹でお酒を飲まないようにしている」(30代/女性/パートアルバイト)

「ノンアルコールは見た目も味も本格的なので、雰囲気を楽しみたいです」(20代/女性/契約派遣社員)

「なるべく同じものを飲むようにしています。そうすれば、そんなに酔わないので」(30代/女性/パートアルバイト)

といった意見が挙げられました。

 

■二日酔い防止に医師も認める対策は?

気を付けていても、なってしまう二日酔い……。朝起きて「ヤバッ」と思ったら、どうすればいいのでしょうか? 『WooRis』の過去記事「ゲッ…コーヒーもNG?“二日酔いの朝”に飲んではいけない飲料と飲むべき飲料」では、

(1)カフェインを避ける

(2)カレーを食べる

(3)トマトジュースを飲む

(4)シジミやアサリのみそ汁を飲む

といった方法が紹介されています。国立医学図書館(米国)によれば、

・スポーツドリンクを飲む

・とにかく安静にする

なども効果的だとか。スポーツ飲料については多くの医師も賛同しています。

 

以上、二日酔い対策でみんなが何をしているのかをまとめましたが、いかがでしたか? 厚生労働省も指摘する通り、女性は一般的に男性よりも、お酒に弱いという特徴があります。

また、国立医学図書館(米国)によれば、体格の小さい人ほどお酒に弱いとも……。その理由は体格=肝臓の大きさが一致しているからだそうです。

女性の中でも体が小さいと自覚がある人は、特に注意してくださいね!

 

【関連記事】

※ えっ…コーヒーも効くの!? 自宅でできる「突然の偏頭痛」を改善する方法5つ

※ うぅ…飲み過ぎた!「二日酔い」の原因と症状4つと予防法

※ ウコンだけじゃない!? 医師たちが「二日酔い予防」に食べている食品3つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 料理に混ぜるだけ!フリーアナウンサー高橋真麻さん愛用の美のパウダー

※ 周りの視線が痛い…アラフォーママが「薄毛を実感するシーン」3つ

※ 結局何が良いの!? ミドリムシの栄養の凄さを徹底解説

 

【姉妹サイト】

※ 格闘家の減量テク!「脳をダマして痩せる」魔法のダイエット3つ

※ 慢性的な肩こりは99%治る!2分でスッキリ「筋膜リリース体操」とは

 

【参考】

※ 二日酔いにならないためにしてること - 湘南貿易

※ Hangover treatment -  U.S.National Library of Medicine

 

【画像】

※ gmstockstudio / Shutterstock