「乳がんに気づく」7つの自覚症状とセルフチェックのポイント5つ

写真拡大

日本人女性の12人に1人が罹患するといわれている乳がん。元女子プロレスラーでタレントの北斗晶さんが乳がん闘病中ということもあり、「自分は大丈夫かしら?」と感じている方は大勢いることでしょう。

乳がんは早期に発見できれば、90%以上は治癒し、生命を落とすことはほとんどないのだそうですが、そうなると、日頃から“いかに乳房に対して意識を高くもっておくか”が大切ですよね?

そこで今回は、NPO法人乳房健康研究会編著『乳がんの早期発見と治療』や女性の医学事典『ウィメンズ・メディカ』などを参考に、女性なら知っておくべき“乳がんに気づく7つの自覚症状”とセルフチェックのコツをご紹介します。

 

■早期の乳がんは“自覚症状がない”のが実情

乳がんに気づく7つの自覚症状を確認する前に、そもそも、乳がんは早い段階から自覚症状が出るか、あるいは出ないのか、ご存じでしょうか?

どんな病気でも早期発見をし、治療にのぞみたいと思うものですが、『乳がんの早期発見と治療』によれば、残念ながら、早期の乳がん(0期、鬼)は自覚症状がほとんど出ないのだそうです。

体調不良もなく、胸のしこりが“2cm”以下のため自分で触っていても分からない、というのが実情のようです。

 

■自分の乳房に関心をもとう! “乳がんに気づく”症状7つ

早期の乳がんは自覚症状がほとんど出ないのが特徴だからこそ、日頃からご自身の乳房に関心をもって接すること、そして定期的ながん検診を受けることが大切になってきます。

以下に、乳がんに気づく自覚症状を7つまとめます。セルフチェックをする際の目安にしてみてください。

(1)乳房に“しこり”ができていないか?

(2)乳房に“くぼみ”ができていないか?

(3)乳房の皮膚が“オレンジの皮”のようになっていないか?

(4)生理周期と関係なく、乳房に“痛み”を感じないか?

(5)乳頭から“血液の混じった分泌物”が出ないか?

(6)乳頭が“ただれ”ていないか?

(7)わきの下にしこりができていないか?

上述のとおり、早期の乳がんはしこりが2cm以下のため、ちょっとした変化でも見逃さないようにしましょう!

 

■乳がんのセルフチェックは、お風呂でもできる

ちなみに、『ウィメンズ・メディカ』によれば、乳房のセルフチェックは月1回、“生理が始まって3〜4日後”のタイミングに行うのがベストとのこと。

生理周期とあわせ、「毎月この日に行おう」と決めてセルフチェックをするようにしたいものですが、だんだんサボりがちになってしまうこともあるかもしれません。

そこでオススメなのが、セルフチェックを“お風呂で行う”です。『ウィメンズ・メディカ』を参考に、お風呂でのチェック法を紹介します。

(1)石けんを泡立てて、4本の指の腹で小さく円を描くように、乳房全体をなでる

(2)腕を上げた状態で、(1)と同じように、小さな円を描くようになでる

(3)乳房をつまんだり、ひっぱったりすると正しくチェックできないため、片側ずつゆっくり行う

お風呂に入るのは毎日のことですし、これなら体を洗うついでに行えるのが気楽でいいですね。

なお、お風呂から出たら、次のチェックもしましょう。

(4)鏡に映し、腕を下した状態で乳房の形や色、ひきつれやへこみなどを目視でチェック。それから、両腕を上げた状態でもチェック

(5)左右の乳首を軽くつまみ、分泌物が出ないかチェックする

乳がんは、外から触ってわかる場所に発生し、かつ自分で早期発見できる唯一のがん。早期に気づくためにも、乳がんのセルフチェックを習慣化したいですね。

 

■乳がんが発生する部位、一番多いのはどこ?

乳がんというと、しこりができるというイメージをお持ちの方が少なくないと思いますが、乳房のどのあたりに発生しやすいのか、どの部位が一番多いのか、詳しく知りませんよね。

『ウィメンズ・メディカ』を参考に、乳がんの発生部位をランキング形式でお伝えします。

1位:外側上方(50%)

2位:内側上方(20%)

同率3位:外側下方(10%)

同率3位:2つ以上の領域にまたがるもの(10%)

同率5位:内側下方(5%)

同率5位:乳頭直下(5%)

特に1位の外側上方に高確率で発生しやすいことがわかります。

この部位に乳がんができやすい理由としては、ほかの部位にくらべて、乳腺がたくさんあるからだそうです。

ですので、セルフチェックを行う際は、外側上方を意識しつつ、まんべんなく行うようにしていきましょう!

 

以上、知っておくべき“乳がんに気づく7つの自覚症状”とセルフチェックのコツをご紹介しましたが、いかがでしたか?

セルフチェックは月1回行うように習慣化し、30歳を過ぎたら、年に1回乳がん検診を受けるようにしましょう。

自治体で行っている乳がん検診の費用は、無料〜3千円前後。

自費で行う場合は、問診・視触診(ししょくしん)・マンモグラフィ・超音波検査を行って、1万5千〜2万5千円前後。検診には健康保険が使えませんが、乳がんを早期発見するためにも、費用を惜しまず、受けるようにしたいですね。

ご参考にしてみてください。

(ライター 大宮つる)

 

【関連記事】

※ なんと女性の12人に1人が罹患!「乳がん」予防のカンタン生活習慣4つ

※ 命にも関わる!「マンモグラフィでは発見できない」乳がんの可能性

※ なんと女性の12人に1人が罹患!「乳がん」予防のカンタン生活習慣4つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 紫外線ケアだけじゃダメ!? 夏終わりの「肌年齢を左右する」原因は〇〇にあった

※ メイク直しが激減!ありそうでなかった「顔専用」の制汗ジェル

※ 忙しくても「すっぴん美人」!? 今話題の自然派化粧品を美容家が試してみた

 

【姉妹サイト】

※ 目の奥が…ダルい!医師が教える「眼球エクササイズ」で疲れ目対策

※ −5歳肌!丸ごとトマトを入れるだけで味噌汁が美肌スープに変身

 

【参考】

※ NPO法人 乳房健康研究会(2007)『乳がんの早期発見と治療これで安心』(小学館)

※ 井口登美子(2003)『ウィメンズ・メディカ 女性の〈からだと心〉安心医学』(小学館)

 

【画像】

※ pathdoc / Shutterstock