グーグルのスマホケース、カスタマイズの新境地へ

写真拡大

グーグルが同社のAndroidスマートフォン「Nexus」向けに発表したのは、ユーザーが自分の好きなようにカスタマイズできるスマートフォンケースだ。「自分仕様のカスタマイズ」は、加速する一方だ。

「グーグルのスマホケース、カスタマイズの新境地へ」の写真・リンク付きの記事はこちら

スマートフォンは、持ち主を表現する。写真や会話、仕事、娯楽、ヌードやすべてのものがこの長方形の金属とガラスでできたケース中に収まる。スマートフォンはすなわちあなた自身なのだ。

電話の中に自分の個性が含まれるようになると、今度はケースの重要性が一層高まる。ケースはスマホが歩道に落ちて壊れ、その中にあるすべての記録や予定が失われるのを防ぐだけでなく、携帯電話の見た目や感じをよりユニークなものに変える。より個性的に。より自分らしく。

グーグルはこのアイデアをさらに先へ進め、「Nexus 6」「6P」あるいは「5X」に装着するスマートフォンケースに地図や写真を載せられる「Live Case Creator」を新たに発表した。

クリエイターウェブサイトに移動し、写真をアップロードするか、Googleマップ・インターフェイスを使用して位置を選択する。その後、好きなようにケース上に配置し提供される数多くのフィルターを選び、色を追加したり写真を抽象的なアート作品調にしたりできる。確定し、購入すれば、グーグルがあなただけのケースをプリントし、配送してくれる。

RELATED

このサーヴィスが最高なのは、スマホの壁紙をケースと合わせられることだ。マップを選択した場合は、壁紙を、同様の色味で現在地を表示するマップに変更できる。写真を選択した場合は、自動で切り換わる写真アルバムをつくることができる。それぞれのケースの背面にはボタンもついていて、(写真のケースを選択した場合は)スマホのカメラを起動できるし、(マップを選んだ場合は)地図を使って周辺を検索できる。[ボタンはプログラミングが可能で、アプリを起動するショートカットとして使うことができる。]

スマホケースを選ぶことは、もはやラックから服を選んだり、自分に最もよく合うものを選んだりするようなことではなくなるのだろう。むしろ自分で服をつくり、正確に自分に合ったものにするようなことになるのだ。

MM_Toolkit_Blog_Map_640x640-1