写真提供:マイナビニュース

写真拡大

SCSKは22日、標的型攻撃対策サービス「Lastline Analyst」の販売代理店にNECが加わったと発表した。

「Lastline」は標的型攻撃対策サービスで、SCSKは2014年から国内販売代理店として取り扱っている。標的型攻撃に使われる高度なマルウェアを最先端の手法と独自の手法で分析し、その挙動を高精度に把握することができるという。導入形態はクラウド型、オンプレミス型から選択でき、企業のシステム環境やセキュリティ要件に応じた構成が可能。

SCSKは、NECと共同で販促活動を行うとともに、標的型マルウェア分析ツールの活用/販売ノウハウをNECに提供する。

(山本明日美)