『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 (C) 2016 & TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

写真拡大

世界中で大旋風を巻き起こし、日本でも興収115億円を超える大ヒットとなった『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。そのMovieNEXの発売日(5月4日)まで2週間を切る中、今回、MovieNEX購入者と、bonoboでデジタル配信(MovieNEX ワールド付)を購入したユーザーが楽しめるスペシャルサイト「MovieNEX ワールド」だけでしか見ることができない貴重な特別映像の一部が解禁となった(5月9日までの期間限定掲載)。

[動画]デイジー・リドリーとジョン・ボイエガによる今だから話せるライトセーバー撮影秘話

解禁となったのは、新ヒロインのレイ役を演じたデイジー・リドリーと、ストームトルーパーの脱走兵フィン役に扮したジョン・ボイエガが、ライトセーバーにまつわる撮影秘話を語る特別映像だ(この映像のフルバージョンは4月27日以降、MovieNEX ワールドで視聴可能予定)。

劇場公開前までは厳重な箝口令が敷かれ、これまで作品の詳細について全く口を開かなかった2人が、「やっと話せるね」と安堵した表情で語り始め、続いて練習風景が映し出される。「楽しかった」とボイエガが言えば「3ヵ月もトレーニングしたわ。みっちり練習してもらった」とリドリー。「最高の経験だった、忘れられないよ」と続く。

また、ボイエガは、十字型のライトセーバーを操るカイロ・レン役のアダム・ドライバーの剣さばきについて「当たるとぐっと重みを感じる。彼は容赦しないんだ」と振り返っている。

実は、本作のライトセーバーは、実際に光るように作られていた。デザイナーたちは9,000lm(ルーメン)と、スタント用に3,000lmのLEDを使用した2本のライトセーバーを用意。車のヘッドライトが約3,000lmと言われており、それと同程度か、それ以上のまばゆい輝きを放つライトセーバーを使った白熱の演技は、改めて本編でご確認を。

さらに、今回『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』MovieNEX ワールドから、プリントアウトすれば何度でも楽しむことができるBB-8とストームトルーパーの「オリジナルぬりえ」も提供された。MovieNEX ワールドでは4月27日以降、今回のデザインも含め合計4種類のぬりえが提供される。

また、そもそも「MovieNEX ワールドって何?」という人には、今すぐ見ることができる「おためしページ」(http://movienex.jp/taiken)も用意されている。数多くのコンテンツの中から、特別映像の視聴や、壁紙のダウンロードなど、厳選コンテンツが無料で体験できるので、こちらも要チェックだ。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒 MovieNEX』(4200円+税)、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』MovieNEX プレミアムBOX(9800円+税)はともに5月4日発売。デジタル配信は4月27日にスタートとなる。

【関連記事】
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の未公開シーンが解禁!
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』がパッケージ化! 気になる内容は?
『スター・ウォーズ』スピンオフの映像解禁!ヒロインのキャラ明らかに
[動画]『スター・ウォーズ』プレミアで新ヒロイン「フォースとともに」