写真提供:マイナビニュース

写真拡大

デンソーとイーソル、NEC通信システムの3社は4月21日、車載用電子システムの基本ソフトウェア(BSWとも呼ばれ、ECUを動作させる上で基本的な機能を果たすソフトウェアのこと)および関連ツールの開発を行う合弁会社としてオーバスを設立することで合意した。

自動運転の技術開発が進む中、カメラやセンサ類とそれらを制御するECU(Electronic Control Unit:電子制御ユニット)間の情報量が増大し、高速通信やマルチコアマイコン(1つのパッケージに複数の演算プロセッサ-が搭載されたマイクロコンピュータ)への対応、サイバーセキュリティへの対応が求められている。

今回、車載用電子システムを開発するデンソーと、車載分野で組み込みソフトウェアの開発を行うイーソル、ネットワークシステムや組み込みシステムに関する大規模ソフトウェアを開発するNEC通信システムの3社でオーバスを設立。

合弁会社は車載BSWおよび関連ツールの開発・ライセンス販売、車載BSWおよび関連ツールに関わる保守メンテナンスの提供、車載BSW周辺のエンジニアリングサービスを提供し、自動車メーカーおよびECU開発メーカーの開発効率および品質の向上に貢献していくという。

設立は2015年5月、資本金は1億円、出資比率はデンソーが51%、イーソルが35%、NEC通信システムが14%。また、従業員数は操業開始時に100人を予定している。

(岩井 健太)