渡邉さんに渡邊さん… 「ナベ」の漢字に多くのバリエーションがある名字「渡ナベ」さん。これに注目し「ナベ」の字を神経衰弱ゲームにした『渡る世間はナベばかり』が、4月27日に発売される。価格は税別1000円。


『渡る世間はナベばかり』には、24種類48枚の「渡ナベカード」が収録。基本的な遊び方は、普通の神経衰弱と変わらず、同じ漢字を揃えるという至ってシンプルなもの。しかし、似ている字が多いため覚える難易度は高く、めくったカードが合っているかの確認にも一苦労しそうなゲームとなっている。


神経衰弱の「渡る世間はナベばかり」以外に、「スピードナベばかり」「ナベカルタ」「おひとりさまでお待ちの渡ナベ様」といった遊び方ができるほか、「渡ナベ」にまつわる豆知識が得られる「ナベ知識カード」や英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語のルールカードが収録されている。


『渡る世間はナベばかり』は、ゲームデザイナーの中村誠さんが考案したもの。昨年12月に無料配布版を発表し、ネットを中心に話題になっていた。発売元のアークライトやAmazonなどの通販サイトで販売される。