22日、中国新聞網によると、世界反ドーピング機関は21日、中国北京市にあるドーピング検査機関の資格を最長4カ月間停止すると発表した。資料写真。

写真拡大

2016年4月22日、中国新聞網によると、世界反ドーピング機関(WADA)は21日、中国北京市にあるドーピング検査機関の資格を最長4カ月間停止すると発表した。

WADAは声明の中で、この決定の即時発効を表明。尿、血液の検査分析を含む「WADAと関連する、すべての反ドーピング活動」を禁じた。さらに、5つの方面での改善を要求し、これらを満たせば4カ月以内でも資格を申請できるとした。

この決定に対し、中国国家体育総局反ドーピングセンターは「WADAの通知は受け取った。この件について改めて回答する」と説明。中国側はWADAの決定に不服がある場合、21日以内にスポーツ仲裁裁判所(CAS)に異議を申し立てることができる。(翻訳・編集/野谷)