22日、韓国メディアによると、米ニューヨークで開かれた国際会議で、北朝鮮の李洙ヨン外相が「核には核で対抗するのみだ」と主張した。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は北朝鮮。

写真拡大

2016年4月22日、韓国・聯合ニュースによると、北朝鮮の李洙ヨン(リ・スヨン)外相が、「朝鮮半島では今も30万人の兵力と米国の核施設を動員した核戦争演習が行われている」とした上で、「核には核で対抗するのみだ」と主張した。

李外相は米ニューヨークの国連本部で開かれた「持続可能な開発のための2030アジェンダ」ハイレベル会合の基調演説で、「北朝鮮に対する制裁は持続可能な開発に対する挑戦」と主張し、「『北朝鮮が最後に笑う』ということが、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の政治的意志だ」などと述べた。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「そのまま意地を張り続ければいい」
「本気で米国に勝てると思っているの?」

「度胸があるのか、それとも頭が悪いのか…」
「国連から脱退させるべき」

「1000万人の北朝鮮市民が飢え死にする日まで、金正恩は核を諦めないだろう」
「韓国の主敵はやっぱり北朝鮮。韓国政府は平和に解決しようなどと考えるな」

「持続可能な開発のための会議でそのような発言をするなんて!北朝鮮はもはや国ではなく、ただのテロ集団」
「核には核で対抗。それは韓国のセリフだ。韓国も核開発を進めよう」(翻訳・編集/堂本)