ゴールデンウィークはドライブで観光名所に出掛けるなんていうのもいいですよね。

今回は中国地方のオススメ観光スポットを紹介していきます。

■砂の美術館

場所は鳥取県鳥取市です。鳥取砂丘にその美術館は建っています。水と砂だけで作成された”砂の彫刻”が展示されおり、なかなか見ることができない展示品です。北海道で開催される雪まつりに負けていないほどの完成度となっています。その幻想的な美しさには目を奪われるほど。とても繊細な部分まで丁寧に表現されているので、鳥取県に来た際にはぜひとも訪れたい場所です。

■出雲大社

場所は島根県出雲市です。日本を代表する神社でもあり、パワースポットの名所としても知られています。中でも縁結びの神様が祀られているというのもあり、良縁を求めて多くの人が連日訪れます。神楽殿にある大注連縄には、あまりの迫力さに圧巻されるほど。その重さはなんと約4トン以上にもなるそうです。

■満奇洞

場所は岡山県親見市です。岡山県の”天然記念物”に指定されています。まるで別世界にきたかのような幻想的な雰囲気の鍾乳洞。自然によって造られた石の芸術は見事な美しさです。歌人としても有名な与謝野晶子が訪れ、”奇に満ちた洞”と詠んだことがこの鍾乳洞の名前の由来となっています。

■宮島・厳島神社

場所は広島県廿日市です。日本三景の1つでもある厳島神社。”世界文化遺産”にも登録されています。海の上に堂々と建っている厳島神社、そして大鳥居。なかでも大鳥居は背景に雄大な自然があるため、まるで風景画を見ているかのような美しさです。厳島神社がある宮島は観光スポットとしてもオススメなため、自然やグルメなどを楽しむことができます。

■角島大橋

場所は山口県下関市です。下関市と離れ島を結ぶ橋ですが、なんと言っても魅力はその絶景さ。海の色はエメラレルドグリーンで輝いています。日本の海と思えないその美しさは別世界を見ているかのよう。この景色を見ながらのドライブはこの上ない最高の絶景になること間違いなしです。また、夕方になると日が落ちるというのもあり、昼間とは違った幻想的な風景を見ることができます。

中国地方は絶景スポットが多いため、日頃の疲れを自然で癒したい人にはオススメのスポットです。

(鈴木 唯)

本州の西へ。ゴールンデンウィークに行きたい中国地方の観光スポット(http://clicccar.com/2016/04/22/366824/)