【男女の金銭感覚】宿泊代はどっちが払う? 女性1位「男性がすべて払う」

写真拡大

カップルでホテルなどに宿泊する場合、どのくらいの割合で支払いますか? お泊まりのないデートとちがって、かかるお金が大きくなるため、普段のデートよりも多く払うという女性もいるかもしれませんね。そこで今回は、男女それぞれに理想の宿泊代支払い割合についてアンケート調査を行いました。あなたは恋人とお泊まりする際、どのくらいの割合を支払いますか?

■男女別! 理想の宿泊代の割合

男女別に「カップルのホテルなどでの宿泊代の支払いは男女何対何が理想ですか?」とアンケートを取ってみました。

●女性の理想の支払い割合ランキング

1位 男性がすべて払う 43.9%

2位 男女割り勘 32.2%

3位 男性7:女性3 9.3%

4位 男性8:女性2 5.4%

5位 男性9:女性1 4.9%

※6位以下略

●男性の理想の支払い割合ランキング

1位 男性がすべて払う 39.7%

2位 男女割り勘 34.2%

3位 男性7:女性3 12.3%

4位 男性6:女性4 6.5%

5位 男性8:女性2 3.0%

※6位以下略

男女に大きな差はなく、1位は「男性がすべて支払う」が約4割となり、2位は「割り勘」が3割強となりました。それ以降は男性が多めに支払うという回答となり、宿泊代についての考え方は、男女で似ていることがわかりました。ただし、「男性が払うべきだ」と考えている人と「割り勘するべき」という人が付き合っていた場合、お泊まりのたびにちょっと微妙なムードになってしまうかもしれませんね。男女それぞれがそう思う理由を詳しく見てみましょう。

■男性の「宿泊代」への本音

・「男性がすべて払う。旅行とラブホテルでは事情が違うけど」(35歳男性/運輸・倉庫/その他)

・「男性がすべて払う。ホテル代を女の子に払わすのは気がひけるから」(28歳男性/医療・福祉/専門職)

・「男女割り勘。ラブホは男が払うべきだと思うけど、それ以外の旅行などのホテル代は割り勘が当たり前だと思う」(35歳男性/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「男女割り勘。提案した方が多めに出す、でいいと思います」(25歳男性/電機/技術職)

・「男性7:女性3。一緒に思い出作りに行ってるのに全部出すのはおかしいし、割り勘もおかしいと思うからこの辺が妥当かと」(33歳男性/運輸・倉庫/その他)

・「男性9:女性1。女子の支払いは、気持ちだけでいいと思うから」(29歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

旅行ではなく単にホテルにお泊まりした際の「宿泊代」だとすると、「男性が出すべき」だと思っている男性が多いことがわかりました。食事や遊びとちがって、ホテルについては男性の行きたい希望が大きいという認識があるようです。お相手の女性を尊重したいという気持ちがあるのでしょうか。また、旅行や遠出の場合の宿泊代については、2人で楽しむものだからか「割り勘すべき」という気持ちが強くなるようです。この場合、普段からデート代を多く出す男性にとっては「宿泊代も多く出す」という姿勢に傾くことが多いでしょう。

■女性の「宿泊代」への本音

・「男性がすべて払う。男性側に任せてリードしてほしいし、お金も任せたい」(26歳女性/学校・教育関連/その他)

・「男性がすべて払う。ホテル代を女性に払わせるのは、みっともないと感じるから」(34歳女性/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「男性がすべて払う。旅行の宿泊代なら別だが、ラブホなら男性が払ってほしい。何となくそれを支払うのは嫌だから」(34歳女性/小売店/販売職・サービス系)

・「男女割り勘。旅行は同じサービスを受けるのだから、割り勘でいいと思う」(28歳女性/食品・飲料/営業職)

・「男女割り勘。ケースバイケースだか、男性から誘われてなら男性に少し多く持ってほしいが、旅行などの計画的な宿泊の場合は割り勘が妥当と思う」(34歳女性/自動車関連/秘書・アシスタント職)

・「男性8:女性2。宿泊などのイベントは男性が頑張って欲しい」(28歳女性/学校・教育関連/その他)

・「男性7:女性3。優越感を与えつつ、少し多く払ってほしいから」(34歳女性/その他/販売職・サービス系)

・「男性6:女性4。2人で泊まるのに全額出してもらってたら、なんだかエンコウの気分」(34歳女性/医療・福祉/専門職)

女性もその宿泊が旅行なのか単なるラブホテルなのかによって意見は大きく変わる人がいるようですが、そうではなくても「多めに払ってほしい」という気持ちの女性も多いようです。これは、普段からデート代や旅行代をどちらが払うかということに通ずるのかもしれませんね。「ホテルの支払いは男性がするべき」という思いの女性も一定数いるようですが、そうは思わない男性も多くいることを肝に銘じたほうがいいかもしれません。

■まとめ

結果的に男女で同じような結果となりましたが、その理由は男性と女性で少し違いがあるようでしたね。普段のデート代や旅行代の支払い方と同じ考え方をする人もいれば、宿泊代を特別だと考える人もいるので、実際にお泊まりする際にはそれとなくチェックしてみてもいいかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年4月にWebアンケート。有効回答数女性205件男性292件(25歳〜35歳の働く男女))