21日、熊本の地震を受け、日本に住む中国人から支援に関する問い合わせが中国大使館に数多く寄せられている。写真は在日中国人が寄付した物資。写真提供:ボランティア団体・華聯会

写真拡大

2016年4月21日、熊本の地震を受け、民間のみならず各国の政府機関も支援を行っている。中国は習近平(シー・ジンピン)国家主席がお見舞いのメッセージを送っており、日本に住む中国人から支援に関する問い合わせが中国大使館に数多く寄せられている。人民日報が伝えた。

報道によると中国大使館は、「熊本地震に数多くの人が注目し、寄付したいとの声が多く寄せられた。こうした声に感謝するとともに、受付窓口を開設した」と述べた。中国大使館は寄付の受付を開始したほか、日本赤十字や熊本県の寄付に関する情報を掲載し複数の寄付ルートを提供している。(翻訳・編集/内山)