21日、タレントでチェリストのNanaが日本で情報番組に初出演。故郷の台湾でも話題になっている。写真はNana。

写真拡大

2016年4月21日、タレントでチェリストのNana(ナナ/欧陽娜娜)が日本で情報番組に初出演。故郷の台湾でも話題になっている。NOWnewsが伝えた。

【その他の写真】

日本でも有名な女性歌手、欧陽菲菲(オーヤン・フィーフィー)を伯母に持つNana。今月20日、日本の情報番組「スッキリ!」に出演し、伯母の代表曲の一つ、「ラヴ・イズ・オーヴァー」を生演奏で披露した。

約7分間の生放送に出演したNanaについて、故郷でも「台湾の誇り」と話題に。これまで台湾では15歳という年齢にふさわしく、少女らしいファッションを見せてきたが、日本では胸元が開いたセクシーなドレス姿で登場したのも大きな注目点。「日本市場を非常に重視しているようだ」と報じられている。

今月5日には、日本でデビューアルバム「15」をリリース。台湾では8000枚を売り上げたヒット作だが、日本ではオリコンの週間CDアルバムランキングで148位と、かなり低迷している。PR不足が大きな理由とされているが、今年6月に日本でリサイタルを開催するため、これをきっかけに躍進が期待されている。(翻訳・編集/Mathilda)