「インデペンデンス・デイ」新章のストーリー、ちょっぴり判明。

写真拡大

メガヒット作「インデペンデンス・デイ」から20年の時を経て、新たに製作された新章「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」。本作で今まで明かされなかった、前作から20年の間に起きた出来事の一端がわかるポスターが、4月22日に解禁となった。

人類が恐るべき侵略者を撃退し、宇宙における独立を高らかに宣言した記念すべき1996年7月4日。きっと奴らはまたやってくる。その来たる時に備え、1998年に世界中のリーダー達が集結し、世界平和協定を締結した。そうして、新たに連帯した国々は、20年前に侵略者を打ち破った立役者であるデイビッド・レヴィンソン(ジェフ・ゴールドブラム)を長官とした、地球に対する未来の脅威から地球を守るための地球防衛軍(Earth Space Defence:ESD)を結成した。

今回解禁となったのは、そのESDの宣伝キャンペーンポスター。ポスターには「一つになろう。団結して生き延びよう」などといった日本語のコピーが記載されており、アメリカだけでなく、日本を含む全世界の人々が団結し、地球を守ろうとしていたことが分かる。

こうして、地球防衛システムを構築した人類の備えは完璧なはずだったが、再び襲来した侵略者は、はるかに想像を超える巨大化と進化を遂げていた……。世界中のランドマークを破壊しつくす侵略者の脅威の前に、もはや滅亡寸前の人類に起死回生の策はあるのか。そう、20年前の激闘は序章であり、警告に過ぎなかったのだ。地球が、そして宇宙が震撼する“映画史上最大の決戦”が始まる。

映画「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」は7月9日(土)、TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー。