21日、上海を拠点に活動するSNH48に加え、北京のBEJ48、広州のGNZ48と2つの姉妹ユニットが新たに誕生した。

写真拡大

2016年4月21日、上海を拠点に活動するSNH48に加え、北京のBEJ48、広州のGNZ48と2つの姉妹ユニットが新たに誕生した。鳳凰網が伝えた。

【その他の写真】

20日、SNH48を運営する上海絲芭文化傳媒有限公司の「2016戦略発表会」が北京で行われ、そこで発表された。新しく2つのユニット、BEJ48とGNZ48が誕生し、今月29日にそれぞれの専用劇場で初公演を行うことになった。メンバーはSNH48の5期生と6期生から選抜され、計68名がBEJ48のチームBとチームE、GNZ48のチームGとチームNに配属されている。

また、絲芭公司によると、BEJ48とGNZ48の新メンバー、SNH48の7期生メンバー募集をスタートする。

さらにファンのニーズに応え、多元化を目指すべく、新たに4組のユニットを誕生させることが明らかになった。いずれもSNH48メンバーから選抜したメンバーが中心となる。

「COLOR GIRLS」は、中華圏では初めて21世紀生まれのメンバーで構成するユニット。「7SENSES」はダンスが得意な7人のメンバーを招集し、さらにゲーム好きを集めたのが「ELECTROEYES GIRLS」。このほか、SNH48の風尚大賞(ファッション大賞)でファン投票で選ばれたメンバーによる「STYLE7」が誕生する。

4組のユニットの構成メンバーについては、リストが後日発表される予定だ。(翻訳・編集/Mathilda)