写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マネーフォワードは4月21日、日本マイクロソフトとクラウドを活用したワークスタイル変革を推進するため、サービス連携を開始したことを発表した。

サービス連携の第一弾としては、マネーフォワードのビジネス向けクラウドサービス「MFクラウドシリーズ」とマイクロソフトの「Office 365」との連携ソリューションが5月より提供される予定となっている。

具体的には、マイクロソフトのクラウド型認証基盤「Azure Active Directory」を活用することによって、「Office 365」から「MFクラウドシリーズ」へのシングルサインオンによるアクセスが可能となる。また、今後は「Office 365」のユーザと「MFクラウドシリーズ」の従業員一覧を自動連携させることで、従業員の入退社や組織変更時における更新作業を大幅に削減することも可能となるとしている。

さらに、「MF クラウドシリーズ」の機械学習・人工知能領域におけるシステムインフラとして、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を採用するという。

今後マネーフォワードでは、スモールビジネスからエンタープライズ領域まで幅広いユーザへの展開を進めていく構えだ。

(石原由起)