写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NECは4月21日、三井住友銀行と日本総合研究所が今年2月に結成した異業種連携の事業コンソーシアム「Incubation & Innovation Initiative」(III)の活動において、新たに「ブロックチェーン研究会」を発足したことを発表した。

IIIは2016年2月に三井住友銀行と日本総合研究所が日本の成長戦略の基盤となる、先進性の高い技術やビジネスアイデアの事業化を支援する異業種連携の事業コンソーシアムとして発足。NECはコンソーシアムメンバーとして、設立当初から参画している。

ブロックチェーン研究会では、金融取引や株式取引などのシステムへの適用に革新的な技術として注目されているブロックチェーン技術について、その特性を活かした効果の高い利活用を検討する。

2016年度上期中には、特定領域での利活用を評価環境で実証し、実用化に向けた技術課題の検討を行う予定だという。

NECでは、幅広い産業で活用の可能性のあるブロックチェーン技術について、多様な専門性を持つコンソーシアムメンバーで構成される「III」の中で検討することで、ICTプラットフォームの実現を検討していくとしている。

(辻)