7倍の辛さは…

写真拡大

亀田製菓は2016年4月4日、「77g 亀田の柿の種 辛さ7倍」を、6月末までの期間限定で全国のコンビニエンスストアで発売した。

「もっと辛い『亀田の柿の種』を食べてみたい!」という声に応え、「亀田の柿の種 辛さ5倍」を14年・15年に販売したが、「もっと辛くして欲しい!」「まだまだ足りない」との意見が寄せられ、さらに辛さを増した商品が登場した。

「70倍にして」との声も!?

辛さの目安はカプサイシン(辛味成分)の量を基準とし、通常の「亀田の柿の種」を辛さ1と規定。「5倍」よりさらにカプサイシンを増やし、通常の7倍の辛さを実現した。

ただ辛いだけでなく、「亀田の柿の種」秘伝のしょうゆだれをベースに、チキンエキスなどのうまみを加え、「辛い!...でも美味しい!」と感じられる味わいに仕上げた。同社は「辛いものがお好きな方に、是非挑戦していただきたい商品です!」と胸を張る。

ツイッターでは、「辛すぎ」「口の中が痛い!!」「数個食べただけで汗出てきた」など、やはりその辛さにヤラれてしまった人がいるようだが、

「普通にピリ辛に思える笑」
「思ったより辛くなかった 10倍でもいけそぉ」
「5倍の時との違いがわからないので20倍ぐらいにしてみて欲しい」
「70倍くらいのが食べたくなるだけでした。激辛を謳ってないというところは良心的」

など、辛党たちは7倍でも「まだまだ」と思ったよう。来年以降、さらなる辛さの「亀田の柿の種」は登場するのだろうか...。

参考小売価格は119円前後(税抜)。