20日、九州地方で相次ぐ大規模な地震の被害が韓国でも連日報じられる中、韓国・SBSテレビは、熊本県に暮らす韓国人の被災状況について報じた。写真は写真は熊本地震の被災地(撮影:劉傑)。

写真拡大

2016年4月20日、九州地方で相次ぐ大規模な地震の被害が韓国でも連日報じられる中、韓国・SBSテレビは、熊本県に暮らす韓国人の被災状況について報じた。

【その他の写真】

熊本市の中心街で20年近く食堂を営んできたソ・ヘソクさん。店内は食器などが散乱して足の踏み場もない上、店の入る建物の壁には亀裂が入っている。日本の保険会社のアドバイスに従って地震保険に加入していなかったこともあり、店を手放さねばならない可能性も出てきているという。

また、観光関連で働く韓国人には、地震が即生計を脅かす問題になっている。韓国人を支援する熊本県民団によると、県内には韓国人が経営するゴルフ場が6カ所あり、そのほとんどの利用者が韓国からの旅行客なのだ。

熊本県内に暮らす韓国人は約1500人。ほぼ着の身着のままの状態で避難所に身を寄せた留学生など、今回の地震で困難に直面している韓国人は数多い。

今回の地震発生を受け、韓国のネットユーザーから日本の被災者や日本人に向け一部心ない声が寄せられていることは残念ながら事実だ。では、被災した同胞にはどのような思いを持つのだろうか。この記事に寄せられたコメントで最多の共感を得たのは「救援物資を送っても韓国製品は信じられないと言って送り返すような日本人を助けるのではなく、わが同胞の方を助けてあげよう」というものだった。

しかし、同胞を助けようという声は全体からすると少数のようだ。他に多数の共感を得た声では、「気の毒だけど、地震国で地震保険に入らなかったなんて」「なぜかかわいそうだと思えない。食堂やゴルフ場のオーナーなら、お金がないわけじゃないだろう」「こういう人を助けたら、事業に失敗した人をみんな助けなきゃいけなくなる。地震保険が原因ならそれは天災じゃなくて事業の失敗」などがあった。

また他にも、「残念だけど、国内には地震がなくてもお先真っ暗な人が多いんだよ」「そこで数十年も暮らしてきたんだから、もうそっちの住民でしょ」「自分たちがうまくいってる時は韓国に税金を一銭も払わないくせに、大変な時だけぶつぶつ言ってきてるんじゃないか?」「彼らは韓国国民じゃないよ。国籍は日本なんだろうから、日本に責任を持ってほしいね。在外同胞が韓国のために何かしてくれたことがあったか?」など冷ややかなコメントが並んだ。(翻訳・編集/吉金)